kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

急速にしぼみつつある「小沢一郎民主党代表選出馬」の機運

「気合いだ」と叫んでいた張本人が白旗を掲げ、小沢一郎民主党代表選立候補の目が急速にしぼみつつある今日この頃。

いくらなんでも「気合いだ」はないだろう。政治は「気合い」ではなく「政策」である。政策より気合いを優先させるのであれば、「改革を止めるな!」と絶叫した小泉純一郎と何も変わらない。

小沢信者は新人議員と懇談会を開く菅直人首相を責めるけれども、新人議員が菅首相の懇談会に「出席したら(小沢派幹部に)怒られる」というのでは、菅直人小沢一郎は「どっちもどっち」としか言いようがない。

私が見聞きしたいのは菅直人小沢一郎政策論争なのだが、自他共に認める口下手の小沢一郎と、攻めには強いが守りはさっぱりの菅直人は、ともに政策論争などやりたくもないのかもしれない。

だが、もしそうなら菅直人小沢一郎も総理大臣の器ではないということだ。

激しい党内抗争を繰り広げる両巨頭なのだから、代表選で論戦を戦わせて雌雄を決せよ。何度でも私は書き続ける。