kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

「首相経験者を公認しない」自民党改革案。どうする安倍晋三(笑)

http://mainichi.jp/select/today/news/20110526k0000m010137000c.html

自民党:派閥排除、首相経験者公認せず…党改革案の素案

2011年5月26日 2時32分


 自民党の党改革委員会(塩崎恭久委員長)が検討している改革案の素案が25日、明らかになった。派閥を人事や候補者選定など主要な党運営に関与させないことを宣言している。首相経験者に対しては次期衆院選で公認・推薦しない事実上の「引退勧告」を行うことも検討する。26日の同委会合で議論するが、ベテラン議員の反発が予想される。

 素案は派閥の党運営からの排除を求め、人材発掘・育成の役割は党本部が担うよう主張。ただ「政策研究や情報交換のグループ活動は自由」としている。また、総裁選立候補に必要な推薦人の要件を「党所属国会議員20人」から「党所属国会議員の5%」に緩和するよう求めている。現状では10人程度集めればよくなる。

 一方、世襲候補については、各部会によって「引退議員の配偶者と3親等内の親族が同一選挙区で立候補する場合、次期衆院選から公認・推薦しない」と厳しい姿勢を打ち出したところと、候補者公募への参加を認めたところで意見が分かれた。【念佛明奈】


◇党改革委提言の骨子◇<自民党政治の総括>

▽党運営に派閥の関与を認めず

▽人材の発掘・育成機能を派閥から党本部へ移行

<選挙力強化>

世襲候補(配偶者と3親等内の親族)を公認・推薦せず

▽首相経験者は次期衆院選で公認・推薦せず

▽総裁選の立候補に必要な推薦人の要件緩和

<国会力強化>

▽質問者を「模擬ディベート」で選抜

<政策力強化>

▽「政策特別職」の新設

<戦略的広報>

ツイッターフェイスブックを全議員が活用


自民党にこの改革が実行できるとは到底思えない。そもそもこれが実行されたら、改革委員長の塩崎恭久自身が公認されなくなる。塩崎以外も自民党世襲政治家だらけだ。

とはいえ、「首相経験者は次期衆院選で公認・推薦せず」だけは絶対に実行してほしい。自民党では森喜朗安倍晋三ら、首相在任中に無能を晒して内閣支持率を暴落させたあげくに辞任した政治家が、未だに党ででかい顔をしているからだ。安倍など、筋の悪いネタを谷垣禎一に国会で質問させ、不首尾に終わると党内で谷垣批判が起きたが、繰り返し書くけれどもこれはおかしな話で、批判されるべきは安倍晋三だ。

自民党がこれをやれば、民主党で「辞めるのやーめた」と言って現在も党のみならず国政に害毒を流している原発推進派の鳩山由紀夫も、「辞めるの止める」のを止めざるを得なくなるだろう。菅直人も、首相を退いた後は議員を引退すべきだ。小政党出身の「バル菅政治」は、三木武夫の政治にも似て、ある時期いたしかたない面もあるが、長く続いたり後継者が現れたりする性質のものではない。過渡的な政治家であって、首相退任後も国政に影響を及ぼすべきではない。