kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

細川護煕を介して野田佳彦と接触していた小沢一郎

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110902-OYT1T01246.htm

細川元首相「野田、小沢両氏と3者会談した」


 細川護煕元首相は2日、読売新聞社のインタビューに応じ、先の民主党代表選を巡り、野田首相小沢一郎元代表を仲介して3者会談を行ったことを明らかにした。

 また、1994年に細川政権が導入した衆院小選挙区比例代表並立制度に関し、自民党一党支配を終える役割を果たした今、見直すべきだと明言した。

 野田氏は93年に、細川氏が結成した日本新党から衆院に初当選している。3者会談は、小沢元代表、野田氏双方から「同じ党にいるのに、話もしたことがない」との話を聞いた細川氏が、「顔合わせぐらいはした方がいい」と設定した。細川氏はインタビューで、「百数十人いる小沢氏のグループを抜きにして、民主党は動かない」と語っており、元代表が代表選で野田氏支持に回ることを期待したものとみられる。
(2011年9月3日03時06分 読売新聞)


野田佳彦はもともと日本新党だから細川護煕が93年の細川内閣を事実上仕切っていた小沢一郎野田佳彦支持を働きかけたとしても不思議はない。だが私が言いたいのはもちろん、野田佳彦小沢一郎はやはり代表選前に接触してたんだな、ということ。

今回の組閣で、仙谷由人枝野幸男も閣僚に入らなかっただろ*1。あれは仙谷が突然野田の梯子を外して前原を担いだことに対して、野田が「反仙谷」の感情を持ったことの表れだよ。そこに小沢がつけ入ったとしても何の不思議もない。それであんな人事になった。そう私は見ている。


ところで、puyonyanさん*2に教えていただいた、野田政権に対するおめでたい小沢信者の反応*3

4. scotti
2011年09月03日 03:10
菅、枝野、岡田、仙谷が内閣を去った台風一過、秋風爽やか内閣デス。(笑)
この内閣のカギは官房長官防衛大臣だと思います。
官房長官は小沢氏と連絡をとれる人物なんだろうと想像します。
宗主国との一方の窓口を小沢派にしたのは誰の智慧なんでしょう?(笑)
案外、宗主国のご指名かも知れません。
今後総選挙へ向けて、野田内閣全体が原点回帰を目指せば、拉致・普天間の解決もありそうな予感です。
先ずは秋風の爽やかさを楽しみましょう。(笑)
輿石幹事長の参院多数派工作キラーパスも今後の楽しみです。


野田政権を絶賛するとは、なんともすごいお花畑。その性格、うらやましいなあ。防衛大臣ってどえらいタカ派なんだけど。ま、小沢信者のことなんかどうでもいいか。

*1:岡田克也も入閣しなかったが、岡田の場合は代表選で野田支持に回ったから仙谷らとは同列に論じられない。

*2:http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110903/1314979938#c1315008543

*3:http://blog.livedoor.jp/shunzo480707/archives/3922610.html#comments