kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

民主党の「連用制」への歩み寄りは腰砕け、鳩山由紀夫はトンデモ発言

結局民主党の「連用制」への歩み寄りは腰砕けで、あくまで「比例区80削減」にこだわるつもりのようだ。


http://www.asahi.com/politics/update/0215/TKY201202150002.html

樽床氏の選挙改革私案、民主案軸に「一部連用制の意見」


 民主党樽床伸二幹事長代行は15日、衆院選挙制度改革の各党協議会で「小選挙区議席比例区80議席を削減する」との民主党案をベースに「一部を連用制とする意見もある」とする私案を提示する。抜本改革は次の衆院選後に先送りする内容で、各党の合意は難しい状況だ。

 私案は「比例定数の削減に伴い民意が過度に集約されることを補正するための措置を講ずる」とし、少数政党に有利に配分する連用制を求める公明党に配慮した。ただ、抜本改革は次の衆院選後に先送り。選挙制度審議会を設置し、中選挙区制や連記制など「有権者の政権選択と一定の民意反映を両立させる選挙制度のあり方について検討を行い、1年以内に結論を得る」とした。

 樽床氏は当初、連用制導入を具体的な検討課題として盛り込む考えだった。だが、13日の民主党役員会でこうした方針を説明したところ、「哲学がない」「説明がつかない」などと批判が続出。各党協議会で公明党などが主張したことを記すにとどめることにした。

朝日新聞デジタル 2012年2月15日5時31分)


特に驚くにはあたらない。民主党はそもそも「政治改革」によって大きくなってきた政党だから、そのDNAをみんな持っている。2009年の衆院選までの毎日新聞えらぼーと」でも、もっとも民主党が一枚岩になっていた項目は「衆院比例定数80削減」であって、ほとんどすべての候補者がこれを主張していた。また、反主流派の小沢一郎民主党執行部以上に強烈に、おそらく全国会議員の中でももっとも「小選挙区制」にこだわっている人間である。だから、民主党の政治家が執行部を批判する局面でも、より強く比例区削減を求める意見が出る。


昨日報じられた鳩山由紀夫の発言もひどい。


http://www.jiji.com/jc/zc?k=201202/2012021400974

連用制は危険=鳩山元首相


 民主党鳩山由紀夫元首相は14日夜、都内で講演し、公明党などが主張する衆院小選挙区比例代表連用制の導入について「非常に危険なことで、二度と日本では単独政権ができなくなる」と、反対する考えを示した。「(連用制導入で)必ず3党か4党の連立政権になり、政権の中の意思決定をどうするかで時間が取られてしまう」と指摘。「51対49でも勝ちは勝ちだとして、政権を安定させる方が良い」と強調した。 
 一方、橋下徹大阪市長が率いる「大阪維新の会」が国政進出を目指していることについて、「橋下市長の地域主権を徹底させようという考え方には大賛成だ。発想の方向性は決して間違っていない」と述べた。

時事通信 2012/02/14-21:28)


民主党小選挙区制で3年前の衆院選に圧勝したけど、全然政権は安定していないではないか。橋下が「船中八策」なる政策を発表して、一般市民ばかりか*1みんなの党」を除くすべての政党から顰蹙を買っている中で、堂々と橋下を賛美するような人間が属する政治勢力民主党の小鳩一派)が政権を握る方がよほど「危険」だろう。そもそも鳩山由紀夫は一昨年に衆議院議員を引退すると公言したのだから、早く公約を実行してほしい。


最後に、選挙制度に関して、昨日の記事(「連用制」に言いがかりをつける産経の「トンデモ」記事に呆れる - kojitakenの日記)にいただいたコメント*2を紹介しておく。

atsushi_iga 2012/02/14 17:55
まぁ「連用制」という制度は、「併用制」や「中選挙区比例代表…例えば都道府県単位」に比べ、小選挙区の当選者はそのままにして、死票等の弊害を【補う】という【折衷的】な案であるのは確かなので満点の回答では無いのでしょうが、この産経新聞のケチの付け方は露骨ですね。
まぁ、まだ公明党は【具体案】を出しているだけ、某革命政党よりは「マシ」でしょう(苦笑)


shinonome0000 2012/02/15 00:26
自民党は色々揺れた挙句連用制には賛成し難く、公明党とはやや溝があるようですが、それでも次の選挙はもとより長期的にも彼らにとって悪くないと思われる完全小選挙区への志向があまり強くなく、中選挙区復活も含めて色々な議論があるのは、公明党への配慮もさることながら、派閥時代へのノスタルジーや、小選挙区と執行部の力を最大限利用した小泉時代へのアレルギーもあるのか、なかなか興味深く思います。逆に民主党のほうが、あれこれの議論をしながらも、結局比例単純減・完全小選挙区への志向が強い気がするのですが、これも考えてみれば当然で、短期間で自民党に対抗しうる存在に急成長したこの党ほど小選挙区の恩恵を受けてきた党もないと思いますし、野党に転落した後の政権奪還も容易と思っているのかもしれません。今日鳩山元首相が随分強い調子で連用制を批判してましたが、これなんか露骨な本音じゃないでしょうか。


鳩山由紀夫なんて、今選挙をやったら小選挙区で落選するだろうと言われているのに、ずいぶんな極楽トンボだなあと呆れ返るばかりだ。そういや、次の選挙の時には「鳩山友紀夫」になっているのだろうか。

*1:私の周囲では、橋下が公務員叩きに専心していた頃にはあれほど熱狂的に橋下を支持していた人たちが、「船中八策」が発表されるや否や空気が一変して橋下への批判が出てくるようになり、これまで大目に見られていた橋下の「教育基本条例」などの政策も批判され始めている。

*2:http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20120214/1329177744#c