kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

拉致問題

生方幸夫の立民千葉県連会長辞任・公認辞退は過剰反応ではないか。拉致問題の「タブー化」に手を貸す枝野幸男や志位和夫は、12年前に江川紹子が書いたコラムをよく読むべきだ

山本太郎の一件もそうだったが、このところ立憲民主党(立民)の国会議員たちが浮き足立っている。たとえば小川淳也が香川1区の維新の候補予定者に、出馬するなと直接維新の集会にまで出掛けて談判して、平井卓也一族が出している地元紙に書き立てられたとい…