kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

音喜多駿とヤマシン(「山本太郎信者」)が日米貿易協定の参院本会議採決をめぐってデマを垂れ流した(呆)

 3日前の話だが、日米貿易協定の参院本会議採決をめぐって、維新の音喜多駿とヤマシン(「山本太郎信者」)たちが醜態を晒した。まず音喜多の愚行から。

 

 

 私はこのツイートで音喜多の愚行を知った。おそらく音喜多は、自民と公明と維新の票数合計より多い賛成票が投じられていたのを見て、山本元号党の2人が賛成したのだろうと早合点してツイートしたものだろう。当該音喜多のツイートは既に削除されている。実際の各議員の投票行動は、論より証拠、下記の参議院のサイトで確認できる。

 

日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件(衆議院送付):本会議投票結果:参議院

 

 ところがこの採決に関しては、音喜多が流したデマとは別に、ネトウヨによって、民主党系の政党(立憲民主党と国民民主党)が採決に賛成し、反対したのは社共と山本元号党だけだった、というデマが流され、そのデマをヤマシンたちが拡散した経緯があったらしい。これは反対票が79票あったことから直ちに嘘だとわかる低レベルのデマなのだが、ヤマシンはこんなのにまで飛びつくのだから呆れたものだ。このことは他の人のつぶやきから間接的に知った。私はネトウヨやヤマシンのツイートに張り付いているわけではないからもともとのデマツイートは知らないし、調べる気も全く起きないのだが、下記の立民支持者ないし同党のシンパと思われる方のツイートを傍証として掲げておく。

 

 

 最近はヤマシン(上記ツイートの表記では「×いわ信者」)とまともな山本太郎支持者がはっきり判別できるようになった。山本太郎高橋洋一を講師に呼んだことをきっぱり批判する人たちはまともな支持者だが、そういう人たちを「工作員」呼ばわりするのがヤマシンだ。そして現在ネットで猖獗を極めているのはヤマシンのほうなのだ。

 このような狂信者たちが集まる山本元号党は、自民党産経新聞を初めとする右翼・極右勢力にとってはたいへん魅力的に映るらしい。産経系列のメディアではこのところ山本太郎元号党を持ち上げる報道が目立つようになった。

 政党では、N国党が山本元号党に抱きついてきた。

 

 

 この立花孝志の呼び掛けもあって、N国党から政治家になろうとしていた人たちが山本元号党の候補者募集に応募する例が出てきたらしい。

 このことを批判する人たちもいるが、私は時期尚早だと思う。なぜなら応募は自由であり、問題は山本元号党が彼らを衆院選の候補にするかどうかだと思うからだ。もしN国党からの転向者を山本太郎衆院選の候補者に選定するのであれば、私は全力でこれを批判し、衆院選での山本元号党の殲滅を目指して記事を書きまくるが、現時点ではまさかN国党からの転向者を衆院選の候補にはしないのではないかと思う。

 しかし、N国党の抱きつきに狂喜するヤマシンもいるから困ったものだ。

  

 

 こんなのを見ていると頭痛がしてくる。

 こういう狂騒が各所で演じられ始めたのは、衆院選が近いという観測が飛び交っているからだろう。国民民主党小沢一郎らは、立憲民主党に吸収される形でも良いからくっつこうとして動いているようだが*1、これに対して立民支持層と民民支持層の双方から反発を受けている。

 次の衆院選でも、またしても安倍晋三が「漁夫の利」を得てしまうのだろうか。

*1:これも小沢一郎の政治生命の終わりが近づいているからだろう。小沢は2014年の衆院選の時から、配下の議員を民主党と維新に割り振ろうとして自らの政治生活の幕引きを意識したとしか思えない動きをしていたが、その後一昨年(2017年)には権力闘争好きの本性を再び表して、前原誠司をけしかけて「希望の党」設立劇を引き起こした。だがその小沢ももう77歳だ。

中村哲医師、銃撃され死亡

 多くの方と同様、私も言葉を失った。

 AFP BBニュースより。

 

https://www.afpbb.com/articles/-/3258044

 

アフガニスタン支援の中村哲医師、現地で銃撃され死亡

2019年12月4日 19:33 発信地:カブール/アフガニスタン [ アフガニスタン アジア・オセアニア ]
 

【12月4日 AFP】(更新、写真追加)アフガニスタンで長年支援活動に携わってきた日本人医師、中村哲Tetsu Nakamura)さんが4日、東部ナンガルハル(Nangarhar)州ジャララバード(Jalalabad)で銃撃され、死亡した。同行していたアフガニスタン人の護衛ら5人も死亡した。

 アフガニスタン人道支援を行う国際NGOペシャワール会Peshawar Kai)」の代表で、現地事業体ピース・ジャパン・メディカル・サービス(PMS)の総院長を務める中村さんは、ジャララバード市内を車で移動中に何者かに銃撃された。当初は負傷と報じられたが、後に当局が死亡したと発表した。

 ナンガルハル州知事報道官のアタウラ・コジヤニ(Attaullah Khogyani)氏は「不幸にも中村医師は、今朝の銃撃で負った傷が原因で死亡した」と述べた。3人の護衛と運転手、同僚1人も死亡したという。

 ペシャワール会のウェブサイトによると、中村さんはパキスタン北西部ペシャワールPeshawar)で1984年に支援活動を開始。1991年には辺境地のナンガルハル州の村に診療所を開設した。

 さらに1998年、ペシャワール会パキスタンアフガニスタン両国での活動の恒久的拠点となる病院をペシャワールに開設した。

 アウズビッラー(Auzubillah)とだけ名乗るジャララバード在住の男性はAFPに対し、午前8時(日本時間午後0時半)ごろに銃声を聞いたと述べ、「日本人と護衛らを銃撃する男たちを見た」と明かした。

 現場の写真によると、白い軽トラックのサイドウインドーが銃で撃ち抜かれたとみられ、フロントガラスにも少なくとも3発の銃弾の痕があった。

 これまでのところ犯行声明を出した組織はない。アフガニスタンの旧支配勢力タリバンTaliban)も、「アフガニスタンの再建に貢献した」組織とは「良い関係」を保っているとして、関与を否定した。

 ナンガルハル公衆衛生当局のザヒル・アディル(Zahir Adil)報道官によると、中村さんは銃撃された後、現地の病院に搬送されていた。(c)AFP

 

(AFP BBニュースより)

 

 この日記にいただいたコメント*1より。

 

id:suterakuso

 

ペシャワール会中村哲さんがアフガニスタンで銃撃され亡くなりました。自分が福岡の出身ということもあり、人道的な活動をしている人として、真っ先に思い浮かべる人でした。本当にショックです。この死を嘆き悲しみます。この思いを少しでも多くの人と共有したいので、記事とは関係ありませんが、コメントさせていただきます。

 

 Twitterよりいくつか拾う。

 

 

 

 

 故人のご冥福を心よりお祈りいたします。

*1:コメントは、右記URLの記事にいただいた。https://kojitaken.hatenablog.com/entry/2019/12/04/065326

安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ(毎日)

 今日選んだツイート。最近の毎日新聞は有料記事にうるさいので、このような形でリンクを張るくらいしかない。

 

 

 これはひどい

 安倍晋三が論外のひどさであることは当然だけれど、こんな奴を支持する「ニッポンジン」たちをも、全力で非難するしかない。

「反社」そのものの腐敗した人間に長期政権を与えているのは主流の「ニッポンジン」たち

 「きょう共感したツイート」は下記。

 

 

 その通り。

 あんな「反社」そのものの腐敗した人間に長期にわたる政権を与えているのは、この国で主流をなす「ニッポンジン」たちなのだ。

毎日新聞世論調査で安倍内閣支持率42%/安倍晋三と山本太郎に見る「批判なき政治」の弊害

 毎日新聞世論調査安倍内閣支持率が42%だったそうだ。

 

 

 この数字に「支持率が下がったぞ、よし!」と思っている人も少なくないかもしれないが、この「毎日調査の内閣支持率42%」という数字は、2012年12月の第2次安倍内閣発足後最初に行われた世論調査の数字と同じなのだ。

 その後、第2次内閣発足と同時にブチ上げた経済政策、それはこのウェブ日記が「×いわ」や「×ョジン」とともにNGワード(使用自粛文字列)としている片仮名6文字で呼ばれることが多かったが、大胆な金融緩和を中心としたその経済政策が内閣発足直後には功を奏したため(翌年の消費税増税で失速し、その後日本経済は冴えないまま現在に至っている)、内閣支持率は急騰した。その後2015年の安保法制論戦時や森友・加計問題などで内閣支持率が急落し、毎日新聞世論調査内閣支持率が30%を割り込んだことが2度あったが、いずれもほとぼりが冷めると支持率はV字回復した。特に2017年の衆院選自民党が勝利して以降の内閣支持率の高止まりは異常で、かつて3割が安倍内閣の岩盤支持率とされていたのが、岩盤が厚さを増して4割が抵抗線となってしまったのだった。

 現在も、その厚くなった岩盤の支持が残っている状態であって、それを示すのが今回の毎日新聞世論調査結果だと私は考えている。岩盤自体に影響が出るかは今後次第だろう。

 この岩盤支持層は、もはや安倍晋三が何をしようがそれを許容するという心理及び行動の習性を持つに至っている。だから安倍晋三が「60番枠」で「反社」を「桜を見る会」に呼ぼうが、内閣支持を止めるなど思いもよらない。

 蛇足だが、同様の習性はヤマシンこと「山本太郎信者」にも見られる。山本太郎が何をしようが何を言おうが、常に山本太郎の側につき、絶対に批判しない。そのあり方を見ていると、安倍晋三に対するネトウヨの習性と寸分違わないんだなあと呆れ返る。

 安倍晋三の話に戻ると、最近、「××ノミクス」の6文字を安倍晋三の口から聞かれる機会が減ったと思わないだろうか。議論されることも少ないように思う。日本経済がずっと好調なのかといえば、そんなことは全然ない。安倍晋三によるマスメディア制御が進み、安倍を批判する番組には介入を行ってキャスターを飛ばすなどの工作を行った結果、「批判する言説の絶え果てた(崩壊の)時代」が到来したために、ことさらに自政権の経済政策をアピールする必要がなくなったということだろう。

 この「批判なき政治」の状況は、安倍政権の政策に、大いなる「緩み」をもたらした。その結果は、たとえば出生率の激しい低下に表れている。少し古いが、6月の新聞記事にリンクを張っておく。

 

www.asahi.com

 

 やはり「批判なき政治」はダメなのだ。

 ここで再び山本太郎関連の話をすると、山本太郎が「消費税減税勉強会」の講師に高橋洋一を呼んだ理由の一つに、高橋がリフレ派の論客であることが挙げられるだろう。しかし、高橋は「広島瀬戸内新聞ニュース」のさとうしゅういち氏が「凄まじい新自由主義グローバリスト」と評した*1通りの人だ。一口でリフレ派といっても財政政策に対するスタンスに幅があって、高橋はその(経済政策軸上における)極右派なのだ。

 ところが、従来からリフレ派内においては、たとえば松尾匡のようなリフレ派左派の側からも、高橋洋一らリフレ派右派に対する批判はほとんどなされてこなかった。少なくとも一般人にアピールするような批判の言説は、寡聞にして知らない。私は常々この状態に不満を持っていて、もっとリフレ派左派は高橋洋一らリフレ派右派を正面切って批判せよと、この日記にもずっと書いてきた。しかしそういう動きは見られなかった。

 その結果、今回山本太郎高橋洋一を勉強会の講師に呼んで「炎上」する一件が起きた。私は、この件に関する松尾匡氏の見解を伺いたいと思う人間だ。

 総理大臣はもちろん、野党(ゆ党?)の党首だって権力者だ。その権力者、あるいはリフレ派のような同じ思想を共有する仲間内においても「批判されない」状態は人間、ひいては集団や社会、そして国家をダメにする。その弊害が各所で表れている今日この頃だ。

出生数から死亡数を引いた自然減は44万40

昨年生まれの赤ちゃん、最少91万人 出生率3年連続減

浜田知宏

写真・図版

[PR]

 2018年に国内で生まれた日本人の子どもの数(出生数)は91万8397人で、統計がある1899年以降で最も少なかった。これまで最少だった前年を2万7668人下回った。出生数から死亡数を引いた自然減は44万4085人で過去最大の減少幅となり、少子化人口減少が続く。厚生労働省が7日、18年の人口動態統計を公表した。

 1人の女性が生涯に産むと見込まれる子どもの数を示す「合計特殊出生率」は、前年より0・01ポイント低い1・42で、3年連続で下がった。人口の維持に必要とされる2・07を大きく下回っている。都道府県別では沖縄が1・89で最も高く、東京が1・20で最低だった。政府は、子どもを作りたいという希望がかなった場合に見込める出生率「希望出生率1・8」の実現を掲げて少子化対策を進めているが、低下傾向が続いている。

 出生数は、第2次ベビーブームが終わった1974年以降、減少傾向が続く。第2次ブームで生まれた団塊ジュニア世代が40代半ばになるなど、親になる世代の人口が減っているため、厚労省は今後も出生数は減り続けるとみている。

 一方、死亡数は戦後最多の136万2482人。9年連続で増え、前年より2万2085人多かった。高齢化の影響で、2012年からは死亡数の7割超が75歳以上になっている。18年10月1日現在の人口は約1億2422万人で、65歳以上が28・5%を占めた。

 結婚は6年連続で減り、58万6438組。前年より2万428組少なく、戦後最少を更新した。再婚の割合は夫19・7%、妻16・9%で、どちらも前年より0・2ポイント上昇した。離婚は20万8333組で、前年より3929組減った。

 平均初婚年齢は14年から変わっておらず、夫31・1歳、妻29・4歳だった。都道府県別で最も低いのは宮崎で、夫29・7歳、妻28・7歳。最も高かったのは東京で、夫32・3歳、妻30・4歳だった。

 厚労省の担当者は「少子化の理由には、子育てと仕事の両立の難しさや経済的事情などが考えられる。子どもを産みたい人が産める環境、安心して子育てできる環境を整えるための施策の促進が必要だ」と話す。(浜田知宏)

「初めて聴くシューベルトのピアノソナタ」が村上春樹『海辺のカフカ』に出てきた「第17番ニ長調D850」というのはあまりにも無謀

 読書ブログに下記記事を公開した。

 

kj-books-and-music.hatenablog.com

「高松から広島のキノコ雲が見えた」と抜かした故中曽根康弘は大嘘つき

 故中曽根康弘は、1986年の「死んだふり解散」に端的に示される大嘘つきだった。

 しかし、その中曽根の「息をつくように嘘をつく」習性は、ずっと昔からのものだったようだ。

 

 以下、服部龍二著『中曽根康弘』(中公新書)を引用したツイートより。下記に引用された話は以前から知っていた。

 

 

 当たり前だろ。高松から広島の空が見えるはずがない。

 現在の首相・安倍晋三と同じように、中曽根という男は「嘘をつく」のがデフォルトだったのだ。