kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

「心がプツッと切れた」年収1000万円から路上生活…“自助”の呪縛の末に(西日本新聞)

 これ、すごい話だな。下記の西日本新聞記事に大量の「はてなブックマーク」がついている。

 

news.yahoo.co.jp

 

「心がプツッと切れた」年収1000万円から路上生活…“自助”の呪縛の末に

10/19(火) 10:02配信

 

連載【コロナ×社会 考 衆院選2021】

 

 7月上旬、福岡市内のファストフード店。注文しなくても入れる飲食スペースで、路上生活を始めて間もない男性(51)は客が食べ残したポテトをつまんだ。食べ物を口に入れるのは4日ぶりだった。

 

 もともとはサラリーマン。独身で年収は1千万円台。営業成績が1位になり、海外の本社で表彰されたこともある。3年前、リズムが崩れた。「心がプツッと切れた」。心臓病や糖尿病も患い、出社できなくなって4月に辞めた。

 

 退職金はない。失業手当は会社との手続きが苦痛で申請していない。心身の不調でよく考えることができないまま、コロナ禍で苦しむ知り合いの飲食店主の求めで750万円もの大金を貸してしまった。それが、路上生活の引き金になった。

 「雇ってください」。従業員募集の張り紙を見つけると店に飛び込んだ。15軒ほどに断られ、手持ちは600円台になった。やがて体が悲鳴を上げ、心臓に痛みが走る。薬も切れた。「泥沼に沈んでいく感じ。自分で何とかしたいけど」

 

 自分で何とかする―。いわゆる「エリート」として第一線で働いてきた自負。「最終的には生活保護(公助)という仕組みがある」と、時の宰相が唱えた際に併せて強調した「自助」の大切さ。それが、生活保護という選択から遠ざけた。

 

 政治家や行政にこの感覚は伝わりにくいかもしれないが、生活保護の申請時に行政が家族に援助できないかどうか確認することへの抵抗感は相当に強い。先の年末年始、東京の支援団体が申請を拒む困窮者128人に理由を尋ねると、34%がこれを挙げた。安全網は十分に機能していない。

 

「政治は一番弱いところに届いていない」

 

 医療のセーフティーネットもほころびを見せる。病院代を払えない人の受け皿となっている制度に「無料低額診療事業」がある。医療団体のまとめによると、昨年度、医療機関に駆け込んだ人数はその前の年度よりも増加した。ニーズはある。

 

 だがこれは全ての医療機関が導入しているわけではないという点で欠陥がある。もう一つの大きな問題は、原則、薬代は自己負担ということだ。花園大の吉永純教授(公的扶助論)は政治の責任を指摘する。「自治体や医療機関は以前から、薬代も制度の対象にするよう求めていた。コロナ禍では困窮して病院にかかれない人が出ている。政治主導で進めておくべきだった」

 

 ウイルスは社会的な弱者を追い詰めた。逆に言えば、十分に弱者を救えるほどの社会ではなかったということだ。富の分配や格差是正に関して声をそろえる与野党の目に、命を守る最後のとりでの手薄さは映っているだろうか。

 

 9月末。男性は歩くのもつらくなり、生活保護を申請した。公園で寝泊まりした3カ月で気付いたことがある。「政治は一番弱いところに届いていない」

 

 (河野賢治)

 

 新型コロナウイルスの出現であらわになった社会のひずみ。衆院選を機に社会の姿、在り方を見つめたい。

 

西日本新聞より)

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/f31a0537b35d7024a153d269dabf7b175cce3edf

 

 記事についた「はてブ」コメントだが、まず悪例と私が考えるコメントから2件紹介する。

 

「心がプツッと切れた」年収1000万円から路上生活…“自助”の呪縛の末に(西日本新聞) - Yahoo!ニュース

なんでこう極端な人を記事にするのかねえ。しかも内容薄い。この人を取り上げるならもう少し掘り下げてほしい。とりあえず見出しで目を引ければそれでよしみたいな記事は読みたくない。

2021/10/19 14:14

b.hatena.ne.jp

 

「心がプツッと切れた」年収1000万円から路上生活…“自助”の呪縛の末に(西日本新聞) - Yahoo!ニュース

独身で年収1千万台で辞めたらあっという間に路上生活って、それまでどんだけ浪費豪遊してはったんですかね。。/ワープアの4年分くらいの年収をソロで残らず使いきるような人でも弱者扱い出来る人は尊いとすら思うわ。

2021/10/19 14:34

b.hatena.ne.jp

 

 一方、男性を批判するブコメを批判したのが下記の上位3件。

 

「心がプツッと切れた」年収1000万円から路上生活…“自助”の呪縛の末に(西日本新聞) - Yahoo!ニュース

貯金が750万しかない、それをポンと知人にあげてしまう、雇用保険を受け取れない、全部含めてメンタルの不調なわけで、どうしてあたかも同情できないみたいな論調になるのか分からん。過労で誰にだって起こり得る。

2021/10/19 16:17

b.hatena.ne.jp

 

「心がプツッと切れた」年収1000万円から路上生活…“自助”の呪縛の末に(西日本新聞) - Yahoo!ニュース

比較的リベラルが多いはずのブクマカですらこんな反応なんだから、日本人がどれだけ弱者に冷たいかよくわかる。川に落ちた犬を棒で叩くのは日本人としての嗜み。

2021/10/19 14:22

b.hatena.ne.jp

 

「心がプツッと切れた」年収1000万円から路上生活…“自助”の呪縛の末に(西日本新聞) - Yahoo!ニュース

メンタルやられると金銭感覚おかしくなるのはよくある。一種の自傷行為かも。浪費でしか精神の均衡を保てないこともあるだろう。公助の届かなさの例として極端だし、過度に物語的だとは思うけど、責めるのは分からん

2021/10/19 16:50

b.hatena.ne.jp

 

 記事に出てくる51歳の男性は外資系企業に勤め、(市場原理主義系)新自由主義イデオロギーを心底信奉していた人なのだろう。過剰に働き、夜の自由時間にも自分の体に多大な負担をかけたあげく、メンタルが自分の体を制御できなくなったのだろう。新自由主義イデオロギー自家中毒を起こしたともいえる。痛ましい話だ。

 その間違ったイデオロギーの犠牲になった男性を批判するのに、元凶である新自由主義の自己責任論を論拠にするところがどうしようもないと思うのだ。

 真に撃つべきは新自由主義イデオロギーであり、それを推進してきた自公政権や維新などだ。それを理解できない人が多すぎる。

衆院選の社説で財政再建論全開の朝日は産経よりも罪深いかもしれない

 産経の1面見出しをdisった記事にコメントをいただいた。

 

kojitaken.hatenablog.com

 

 suterakuso

いっぽうで朝日の方も今日は社説で社是を全開ですよ。

(社説)衆院選 経済対策 財政規律も忘れずに
https://www.asahi.com/articles/DA3S15082293.html?iref=comtop_Opinion_03

冒頭はこれ↓

> かつてこれほど財政規律が論じられない国政選はあっただろうか。財源を棚上げし、経済対策の規模を競い合うような論戦が繰り広げられている。

で、結びはこれ↓

> コロナ後の成長の鍵を握るのは、外出自粛で増加した貯蓄が消費に回るのかだ。「将来への不安が、消費の抑制を生み、経済成長の阻害要因となっている」(岸田首相)と言うならば、予算のバラマキは逆効果であろう。景気回復のためにも与野党は、財政再建に正面から向き合うべきだ。

です。

次のブコメをつけました。

>"コロナ後の成長の鍵を握るのは、外出自粛で増加した貯蓄が消費に回るのかだ" どこにその貯蓄があるんだ? お前らにはあるんだな。ならば再分配強化こそ主張しろ。金融所得課税に触れず「バラマキ」批判。ザ・朝日!

実際、この状況でも「増加した貯蓄」などがあるということがまさしく再分配の失敗であり、その累積こそが「借金残高」です。昨日NHKをながら見をしていて玉木が「教育国債」は将来世代がつけを払うので将来にツケを回すのではないということを言っていましたが、ふざけるな、このクソバカかペテン師が!という話です。こうして生み出される「貯蓄」と「借金残高」はまさしく、これまでそして今現在、現体制の恩恵を受けている者どもの現体制に対する対価の不払いの証そのものであり、ツケを払うべきはその者どもだ。もはやこれこそ階級闘争であり、朝日は自民含めた体制側の強力な一員に他なりません。棄民体制側のですね。

 

 suterakuso

もはや「体制」に搾取される側に成り下がったからこそ媚びを売りまくる産経より、「体制」側にあって「良心」までも守りつつ人々からの搾取を恣にしようとする朝日の方が罪深いとさえ言えますね。

 

 ああ、また朝日お得意の財政再建論ですか。原真人とか朝日にまだいるのかな。あの人、元日経新聞らしいですね。

 本件はsuterakusoさんの仰る通りです。

 最近は特にTwitterで立民支持層に財政再建論者が多いことが目につきます。私が高校2年生の頃、アメリカで「納税者の反乱」が起きましたが、あれの問題点を教師によく教えてもらったことを覚えています。そこから財政再建至上主義の理解まではいくらも距離がありません。野党支持者はせめて「反『財政再建至上主義』」程度は共通認識にしてもらいたいものです。

 Twitterの立民支持層を見ていると、何の疑問を抱くこともなく財政再建論を無邪気に受け入れているように見えます。中には「井手英策先生は消費税増税論者だけど財政再建論者ではないぞ」などと新発見をしたかのように騒いでいる者までいる始末です。曲がりなりにも後期宇沢弘文の孫弟子である井手英策が「財政再建論」なる財政タカ派(経済極右)の主張をするわけないと思うのですが、そんなこともわからないようです。テレビでも報道ステーションなどが「財政再建=正義」みたいなことを平然というから(これは現報ステのみならず古舘伊知郎やその前のニュースステーション久米宏の頃から一貫しています)、なおさら教義(ドグマ)を信じて疑わないでしょう。この件に関してだけは、私は立民のたとえば野田佳彦一派なんかよりも某組の山本太郎によっぽど近い立場です。

 朝日は産経より罪深い。その通りかもしれません。

東京都江戸川区にて

 なんだこれ。

 

 

 横転しているのは大西英男選挙カー。ということは東京16区(江戸川区)だ。

 衆院選掲示板には昨日の公示日に各候補者のポスターが張り出された。東京15区ではにっくき柿沢未途(自民系無所属)が左上の一番目立つ位置にのさばっていてむかつく。その右隣が立民の井戸正枝だった。

 大西が出馬した東京16区の掲示板が写ったツイートがある。

 

 

 大西は右下。その上に立民の水野素子のポスターが張られている。水野氏は一昨年の参院選東京選挙区に旧国民民主党公認で立候補して落選した。共産党から太田彩花候補が立っているから野党候補は一本化されていない。大西が大いに有利な選挙区と思われる。なお江戸川区江東区と比較しても共産党が強く、民主党系が弱い。しかし公明党も強く、それに支えられた大西は政治家としては最悪なのに選挙には非常に有利だ。なかなか写真のように横転しそうにはない。

 1999年に自自連立が呼び水となって自自公連立が成立し、その後自公保を経て自公連立になった。これが2009年を除く衆院選で強さを発揮している。ここでも最初に自自連立に応じた小沢一郎の罪は万死に値する。本当に小沢とは百害あって一利なしの政治家だ。しかし今回はなんとなくの予感だが2000年や2003年、ことに後者みたいな選挙になるかもしれない。単なる山勘だけど。

 東京16区は他に維新とN党から候補が出ている。

産経の1面大見出し「体制問う」もアレだけど元号を堂々と掲げてるんだね

 早川タダノリ氏のツイートより。

 

 

 「体制問う」というのは今の選挙戦で自民党がやっている、現在80歳以上の人に刷り込まれていた「共産党アレルギー」を刺激するという、今時有効性が疑わしい選挙戦術に右翼新聞が加担しているだけだが、それよりも堂々と元号を見出しに使っていることが目を引いた。

 もっとも元号といえば、元号を政党名に冠した某組が思い出される。

 最近よく名前を見る大濱崎宅真という選挙プランナー・政治アナリスト氏の衆院選議席数予想では、その元号政党の議席数を「0」としていた。もし本当にそうなれば、「名は体を表す」を地で行くことになる。0を何個足し合わせても0だからだ。

 もっとも幻に終わった「ファ□ストの会」とやらの国政進出を大騒ぎしていた人の予想だから信頼性には疑問符がつく。大手メディアの情勢調査結果はもうすぐ出る。

5年後には菅義偉のGoTo強行・緊急事態宣言発出遅れ・東京五輪開催強行などの悪行はすべて忘れ去られるのか?

 新型コロナウイルス感染症は日本国内では第5波の減衰が続き、まだ第6波が立ち上がる気配は見られないが、そうなるとこういうことを言い出す人が現れる。

 

 

 このツイート主の言う「5年後」の人々が読む「新型コロナの記録」には、果たして新型コロナの感染が拡大していた時に「GoToキャンペーン」を強行したり、緊急時代宣言をなかなか出さずに大晦日に記者会見に追い込まれたり、前年以上の観戦急拡大が懸念されている時に東京五輪開催を強行した宰相に関して、それらの事実をすっ飛ばしてワクチンを確保して接種を進めたことだけが書き残されているとでも思っているのだろうか。なおワクチンに関しては、日本は他国より遅いという批判があった一方、本来感染がもっと深刻な国々に優先して供給されるべき分まで日本が強引にぶんどったとの批判もあった。私はワクチンに関しては菅義偉は宰相としてやるべきことを粛々とやったとみなして価値中立的だ。しかしそのワクチンに関しても、菅が積極的になった動機は明らかに東京五輪の開催を強行することだったので、そこには強く引っ掛かる。また、GoToや昨年末から今年初めにかけての緊急事態宣言発出遅れ、東京五輪の開催強行などは、後世の歴史家にネガティブな評価を下されて当然だと考えている。

 蛇足だが「勝利の方程式」という言葉にも引っ掛かる。誰が言い出したんだっけ、あの言葉。

 上記ツイートとは対照的な下記ツイートに、私は軍配を上げる。

 

 

 そうだよなあ。

 私は「勝利の方程式」なんかじゃなく「負けに不思議な負けなし」という言葉を思い出す。今日からスワローズがそれをやらなきゃ良いんだけど、まあ勝負は時の運だ。

 プロ野球だとどっちが勝っても負けた方は諦めるしかないが(もっとも相手が読売だとそうは割り切れないけど)選挙はそうはいかない。棄民政策を積極的にか消極的にかはともかく受け入れてしまった結果が、東京大空襲であり広島や長崎への原爆投下だった。

 

 

 そういうことだ。

 

 おまけ。

 

 

 あの自公でさえ肯定する医療スタッフの待遇改善にまで反対する維新。下には下があるってことか。

衆院選公示日に思う

 今日が衆院選の公示日。

 東京15区を有権者たち(私もその1人)が「カオス」と言っているそうだが、確かにその通り。しかし最近は多くの地域でカオスが生じているようにも思われる。そんな結果あり得ないだという結果が平気で起きる。金融工学なんかまともにかじったことは一回もないけれども、その金融工学とやらで使われているらしいボラティリティという言葉を思い出す。また突飛な連想だが気候変動も頭に浮かぶ。気候変動が体感される時代になったと同様、日本の政治も流動化が激しくなってきた。だから、一昨年には歓呼を持って迎えられた某組長が、落下傘で舞い降りようとした選挙区の有権者から爪弾きされたりもする。

 私にとっての古巣・香川1区から立候補する小川淳也について、こんな論評があった。

 

 

 これまた、物は言いようだなあと思う。

 小川淳也が「軽い」のは確かだ。しかしそれは欠点とばかりも言えず、「フットワークの軽さ」という長所でもある。

 私は何より、初めて何かをやったことがある人を高く評価する。

 何度も書くけれども、2016年の参院選で、あの間違っても共産党の地盤とはいえない参議院香川選挙区から共産党野党統一候補を立てることを決定するのに、間違いなく小川淳也は骨を折った。当時、全国で初めて参院選の選挙区で共産党候補が野党統一候補になったと言われたのではなかったか。本来なら、四国であれば共産党が強い県として知られている高知県を含む徳島・高知合区で行われて然るべきだったと思うし、たの選挙区でもいくらでもあり得たと思うが、各自治体の民進党(当時)は惰性力で動く怠惰な姿勢のままだった。

 それが香川県選挙区で実現した。優柔不断な性格も目立つ小川淳也が2017年の衆院選希望の党から立候補してしまったときですら共産党対立候補を立てなかったのは、前年の小川の骨折りに対するお返しであろう。これこそ血の通った人間がやることだ。あの5年前の参院選での小川淳也の骨折りは、どんなに高く評価しても評価し過ぎにはならない。その骨折りは、今回の衆院選での「野党共闘」で、立民支持層ないしシンパの方々にも大きな恩恵をもたらしているのではないのか。

 それを「共産候補が立っても勝ってきた民主党系議員と違い軽い」という言い方をするなら、いささかアンフェアかと思う。なぜなら、「共産候補が立っても勝ってきた民主党系議員」は、その多くが自分の自治体の参院選挙区に共産党の統一候補を立てることなど真っ平御免なのではなかろうかと思うからだ。

 単に「軽い」に留めておくべきだった。それなら文句は言わないし、むしろ同感だ。

 香川1区では、地元紙四国新聞の悪意ある報道があるとも聞くが、小川候補の健闘を期待したい。

衆院選東京15区・秋元司が不出馬

 結局衆院選東京15区に秋元司は出ないことになった。自民党本部の強い意向をのまされた形らしい。

 これは、秋元が出馬した場合、自民党が推薦を出している柿沢未途、今村洋史の両候補がいるため自民系が3人になってしまい、同区に東京4区から落下傘でやってきた立民の井戸正枝野党統一候補になったために、秋元が立候補していては柿沢と今村が共倒れしかねないと計算したためかもしれない。

 秋元が出馬を強行すれば良かったのにと思うが致し方ない。敵も「負けに不思議な負けなし」を避けた形だ。