kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

高橋洋一の「笑笑」ツイートで思い出した、かつての「高橋洋一を批判できない『リフレ派左派』」の醜態

 高橋洋一の「笑笑」ツイートがテレビのニュース等でも取り上げられて厳しい批判を浴びているが、私が苦々しく思い出したのは、かつて「リフレ左派」たちが高橋を批判できなかったという「恥ずかしい過去」だ。

 高橋には時計の窃盗犯という犯罪歴があることは周知だが、経済思想的にも極端な新自由主義者である上政治思想的にも右翼で、長く大阪維新の会のブレーンを務めてもいる。だから高橋と同じ新自由主義者である菅義偉が高橋を内閣参与に取り立てた。

 日経によれば、菅義偉は前任者の安倍晋三とは違ってリフレ派への傾斜はないとみられていたとのことだが*1、そもそも菅は経済政策には関心がないとみるべきだろう。菅には単に「自助」を極端に偏重するという経済極右的かつ単純な思想があるだけで、だから「金融緩和さえやっておけば財政政策など要らない」としか解釈できないことばかり言っている高橋を取り立てたのは不思議でも何でもなかった。

 新型コロナ対策には巨額の財政政策が必要であることは自明だったから、私は自民党が安倍の後任に菅を選んだ時、自民党はよりにもよって3人の総裁候補の中で新型コロナ対応がもっとも期待できない菅を選んだとして強く非難したが、その懸念が現実になっているのが菅の首相就任以来現在に至るまでの政権のコロナ対応政策の惨状だ。そんな時に飛び出した高橋の「笑笑」ツイートに非難が集中したことは当然だ。

 かつて「リベラル・左派」たちの間でもリフレ政策には一定の支持があり、実は私もその一人だが、私はずっと括弧のあるなしを問わずリベラルまたは左派的な立場に立つ者が財政政策に冷淡・不熱心であることはあってはならない、だからそのような人間である極端な新自由主義者の高橋を「リフレ派左派」が批判しないのはおかしいとずっと言ってきた。しかし彼ら「リフレ派左派」たちの多くはこの批判を無視するか、あるいは高橋を積極的に擁護する者さえいた。

 現在は、専門家たちはいざ知らずネット等のトレンドでは、当時の「リフレ派左派」たちの少なくない人たちがMMTに乗り換え、当然ながら高橋洋一MMTには大反対の立場に立っているから、MMT左派*2の人たちが高橋を擁護することはもはやない。だが私は執念深い人間だから、かつての「リフレ派左派」たちの強く非難されるべきふざけた態度を決して忘れない。

 当時の「リフレ派左派」に猛省を求めたい。てか猛省しろ。

*1:https://www.nikkei.com/article/DGXZQODF26E2T0W1A120C2000000/

*2:というより、藤井聡や池戸万作のようなMMT右派が目立つ日本の状況は世界的には例外的ではないかと思われる。アメリカではMMTは左派の主張だ。

菅内閣 「支持する」9ポイント減の35% 内閣発足以降最低に (NHK)

 NHK世論調査で、菅義偉内閣の支持率が内閣発足以来最低の35%になった。

 

www3.nhk.or.jp

 

菅内閣 「支持する」9ポイント減の35% 内閣発足以降最低に

2021年5月10日 19時01分

 

NHK世論調査によりますと、菅内閣を「支持する」と答えた人は、先月より9ポイント下がって35%と去年9月の内閣発足以降、最も低くなりました。(後略)

 

NHKニュースより)

 

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210510/k10013021521000.html

 

 新型コロナの感染状況が悪化すると内閣支持率が下がるといういつものパターンだが、季節要因もある。年の初めの1月と年度初めの4月には内閣支持率が高くなったり高止まりしたりすることが多い。ところが連休明けの5月には支持率急落が起きやすい。第1次安倍内閣の支持率が急落したのも5月だった。14年前にはここから安倍が坂道を転がり落ちていった印象が今も強い。そして今年も内閣支持率が下がった。

 だが、喉元過ぎると熱さを忘れるのがいつものパターンだ。今年は特に、政権は東京五輪ナショナリズムを高揚させて衆院選に勝とうとたくらんでいる。日本や世界の人たちの命や安全などそっちのけだ。

 いよいよ戦いは正念場を迎える。

池江璃花子選手の「政治的発言」を批判するのは、昨年の今頃、きゃりーぱみゅぱみゅ氏の意見を封じようとした加藤清隆の裏返しになってしまっている

 池江璃花子選手のツイートの件だけど、どうしてももやもやしたものが残る。「敵の思う壺」だと思わずにはいられない。特に、渡辺輝人弁護士の下記ツイートはいささか冷静さを欠いていると言わざるを得ない。

 

 

 上記ツイートは、去年の今頃大きな話題になった、きゃりーぱみゅぱみゅ氏のツイートに対する加藤清隆の反応の裏返しになってしまっている。下記は、ちょうど1年前の今日発信された加藤のツイートだ。

 

 

 こう書くと、1つのツイートだけを切り取って揚げ足を取るなと言われるかもしれないが、もともと140字以内という制約があるTwitterは、1つのツイートだけ切り取られてそれが一人歩きする大きなリスクを抱えている。

 去年の検察庁法改正案の一件では、時の安倍晋三政権及びそれを支持する右翼の側は、「まさかこれほど一方的な展開になるとは」と思えるほどの完敗を喫した*1。8月の安倍晋三辞任の引き金になったといっても過言ではない。

 現在、コロナの感染をこれまで見事に抑え込んでいたニュージーランドも、爆発的に感染を拡大させてしまったインドも、ともに五輪やスポーツの関係者たちが五輪の選手団を東京に送り込もうとしている。ニュージーランドではこの動きに対する世論の強い反発も起きていると聞く。

 このまま東京五輪の開催を強行すれば、日本は世界中にとんでもない災厄を撒き散らす恐れがある。普通に考えればどう考えても東京五輪開催など不可能な状態だ。絶対に開催すべきではない。五輪開催を断念させる戦いに負けるわけには絶対にいかない。

 そういう時に、スポーツ選手の政治的発言を封じようとしているととられかねないツイートを発信するのはあまりにも軽率ではないか。このように私は考える。

*1:余計なことかもしれないが、この時山本太郎は他の野党と足並みを揃えず、議論の場に出てこなかった。おそらく自らが他の野党に埋没して目立たないことを嫌ったと思われるが、その後の彼の凋落の予兆を示すものだったと思う。

14対11で負けるAngelsとSwallows

 今回は暇ネタ。笑ってしまった。

 

 

 確かにヤクルトは今季1勝もしていない阪神戦で、ライアン小川が大炎上で3回終わって8対0だった試合を10対7まで追い上げたが負けた。また読売戦で8対8の9回表に6点取られてその裏に3点を返したものの14対11で負けた試合があった。結局Angelsも14対11で負けたらしい。

 同病ってとこか。「また」ってことは前にも同じような試合があったのかな。

 ヤクルトの場合、こういう試合展開でもDeNA戦なら勝つこともあるけど、阪神や読売が相手だと決まって負けてしまう。

 今日も痛恨の逆転サヨナラ負けを喫した(読売7-5ヤクルト)。2試合連続に終盤で読売に逆転勝ちする目前だったが、石山は読売戦が良くない。菅野に黒星をつけ損ねた去年の1回戦、前述の14対11で負けた今年の4回戦と、2年連続で神宮での読売戦初戦に敗戦投手になり、今日は東京ドームだったけど打たれた。

池江璃花子選手ら「現場の人たち」を責めるのはお門違い。「敵の本丸」は「政治」だ

 池江璃花子選手のツイートの件では、下記「週刊女性」の記事についたある「はてなブックマーク」のコメントに一番共感した。

 

www.jprime.jp

 

東京五輪ありきの強行施策に「辞退して」池江璃花子らアスリートに向く“矛先” | 週刊女性PRIME

何故に幕府の失政の責任を現場がかぶらねばならんのだ。すべての責任は「政治」が負うべきだし、負えないのであれば公職を自ら退任するしかない。

2021/05/07 17:22

b.hatena.ne.jp

 

 その通り。責任を追及すべき対象は「政治」だ。人名を挙げれば、菅義偉小池百合子安倍晋三森喜朗石原慎太郎ら。敵の本丸はそっちだ。

 この件で池江選手を含む「現場の人たち」を槍玉に挙げるのはお門違いだ。私が思い出したのは、10年前にプロ野球セ・リーグで「常勝」を誇ったプロ野球中日ドラゴンズ(但し日本シリーズには弱かった)が、強いのに観客が集まらない原因として落合博満監督が批判された件だ。中日の観客動員数減少を招いた元凶は中日球団の経営陣であったことが、その後の同球団の低迷とさらに進んだ同球団の不人気がはっきり示している。当時中日球団が落合解任を企んだ時、逆に中日球団の成績が良くなって逆転優勝したことがあるが、そのとばっちりを食ったのが目前の優勝を逃したヤクルトだった。当時、まだ優勝争いが決着する前、中日とヤクルトが首位攻防戦をやっていた最中に、私は下記の文章を書いた。

 

選手としてもそうだったが、規格外の監督である落合に常識は通用しない。本拠地での首位攻防4連戦の当日に退任を発表するという、落合に対する嫌がらせとしか思えない中日球団の仕打ちは、かえって落合の闘争心に火をつけ、同球団フロントが望んでいないであろう中日の勝利に結びついてしまうのではないかと、今季ヤクルトを応援している私は恐れたのだった。そしてその懸念が現実のものとなった。(中略)

中日のフロントは余計なことをしてくれたと腹が立って仕方がない。落合博満の真価を評価しているのは、中日球団や中日ファンではなく、敵チームのファンかもしれない。

 

出典:https://kojitaken.hatenablog.com/entry/20110923/1316788717

 

 当時の「敵の本丸」が落合博満ら「現場の人間」ではなく中日球団の経営陣であった*1のと同様、今回の「敵の本丸」は、池江璃花子ら選手たちではなく、コロナ禍にあっても感染の抑止よりも東京五輪の開催に執心し続けた政治家及びそれと癒着して利権漁りをしている連中だろう。池江選手ら「現場の人間」ばかり責めることは、本丸の連中に塩を送りかねない。

*1:余談だが、落合博満はのちに中日球団フロントに入って、今度は本当に球団の弱体化に寄与してしまった。

日本の新型コロナ対応の「ワースト10」に選ばれた「厚労省」や「首相側近内閣府官僚」の罪状とは

 読書ブログに下記記事を公開した。

 

kj-books-and-music.hatenablog.com

国内の新型コロナウイルス感染症週間新規陽性者数35,038人、死亡者数517人 (2021/5/1-7)/死亡者数の増加が加速

 結局昨日(5/7)日本で報告された新型コロナウイルス感染症による死亡者数は148人に上った。これには連休の影響もあるだろうが(普段でも土日の死亡者数の発表は少ない傾向にある)、1週間トータルの数字でも死亡者数は急増している。季節はウイルスにとって不利な温暖期に入っており、特に今年の春は例年よりも気温がずいぶん高いのにこれだけの死亡者数が出るのは、やはりイギリスでも報告されていた通りのN501Yの強毒性によるものだろう。よく言われる通り、この変異株は従来株とは別物だと考えて、より厳しい「人流の抑制」を行う必要があろうかと思われる。

 ここ数日は弊ブログでも読書ブログでも新型コロナのことばかり書いていて少々嫌になってきたので、このエントリはいつもの2枚のグラフとコメントを少々つけるだけのものにしたい。グラフは上が昨年3月以降の7日間移動平均の対数グラフで、これを見ると第4波の新規陽性者数がピークアウトし始めているように見えるが、連休効果がなくなる来週以降どうなるかはわからない。下のグラフは昨年10月以降の週間データの線形グラフだが、期間最後の昨日に新規陽性者が多かったため、週間のトータルでも新規陽性者数が前の週をわずかに上回った。また死亡者数の凶悪な急増が示されている。

 

f:id:kojitaken:20210508100301p:plain

国内のCOVID-19新規陽性者数及び死亡者数 (2020/3-2021/5, 7日間移動平均対数=NHK)

 

f:id:kojitaken:20210508100642p:plain

日本国内のCOVID-19の週間新規陽性者数と週間死亡者数 (2020/10/3-2021/5/7, NHK)

 

 51日(土)から57日(金)までの1週間の新規陽性者数は35,038人(前週比0.5%増)、死亡者数は517人(同39.4%増)だった。連休効果があるとはいえ新規陽性者数が横バイだったのに対し、死亡者数が急増した。第3波と比較すると、新規陽性者数は第3波ピーク時の1月9日から15日までの週の81.1%、死亡者数は同1月30日から2月5日までの週の75.5%に達した。

 現在は第4波の感染の多くがN501Yに帰せられ、感染の段階は引き続き初期(関西以外)から中期(関西)にあるとみられるが、関西以外でも中期に入る気配が見え始めた。というのは週間の見かけの致死率が4/3~9の週に0.75%まで下がったのが、1.48%にまで上昇したからだ*1。またインドで爆発的感染を引き起こした変異株が東京都で5例確認されたことも気がかりだ。

*1:第3波では週間死亡者数が最多となった1/30~2/5の週に見かけの致死率が3.87%、2/20~26の週に極大値の6.46%にそれぞれ達した。