kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

朝日の衆院選予想獲得議席は自民251〜279、公明25〜37、立民94〜120、共産9〜21、維新25〜36、民民5〜12、某組0〜3、社民0〜2

 朝日は昨日(10/26)現物を買った。東京15区は「激しく競り合う」とはするものの、にっくき柿沢未途の名前が先だ。朝日は井戸正枝候補の名前を「井戸まさえ」と表記されているが、これは井戸氏が著述業で用いている表記。読売は「井戸正枝」と表記している。柿沢の名前が先に出てくるのは読売も朝日と同じだ。こうなったら、嫌だけど極右の今村洋史にもう少し頑張ってもらいたい。東京16区で大西英男と水野素子が互角とのことで、自民党が強く民主系が弱い江戸川区で、水野氏は野党統一候補でもないのにこんな情勢調査結果を出される大西という人がいかに劣悪な政治家であるかがよくわかる。東京8区は「吉田と石原が伯仲」、同18区は「長島・菅 競り合う」との見出しで、後者では長島昭久の名前が先だ。神奈川13区の甘利明は残念ながら「有利」、香川1区は「小川やや優勢 平井追う」としている。

 朝日の情勢調査、某組の比例は東京で0〜1、南関東は民民ともども「議席獲得が微妙」、北関東が「議席獲得の可能性を残している」とのことで、大雑把にいえば東京で6割、南関東で5割弱、北関東で3割くらいの某組の勝利確率を見込んでいそうな感じだ。

 朝日1面に表で示された自民党の予想獲得議席は251〜279、公明25〜37、立民94〜120、共産9〜21、維新25〜36、民民5〜12、某組0〜3、社民0〜2となっている。この数字からわかる通り、「自民減 単独過半数の攻防」とする読売の序盤調査とはかなりの開きがある。但し、読売はいつも終盤の調査も出してくるのでそれが注目される。もしそれが載れば、プロ野球で読売軍の順位も決まった後のことでそんな大きな記事も載らないだろうから、また買ってやっても良い。

 今回の朝日の調査について、三春充希氏がツイートしている。

 

 

 これがまっとうな姿勢だ。なにしろ、4日後には全数検査結果ともいうべき選挙結果が出る。比較評価すべきは選挙結果と各社の情勢調査記事であって、自分の予想ないし願望との比較ではない。この点、若き選挙クラスタの方は勇み足をしてしまったように思う。

 なお私は現在の状況が2007年の参院選と近いとは全然思わない。あの選挙では四国の4つの選挙区(当時)がすべて野党にひっくり返った。その前月の6月には、当時テレビ朝日でやっていた田原総一朗サンデープロジェクトでの年金問題の論戦で、大村秀章(現愛知県知事)が長妻昭にコテンパンにやられて大村が涙目になる一幕があるなど、大きな流れがきていることがはっきり感じられた。

 今と近いのはやはり2003年であり、当時は首相・小泉純一郎が幹事長に「人気がある」とされていた安倍晋三を抜擢するなど人気取りに走り、各メディアの情勢調査でも自民党が勝つとされていた。しかしいざ蓋を開けてみれば自民が議席を減らし、政党支持率も大したことがなかった民主の議席が増えた。ただ、都市部では自民が意外に「健闘」して、自民敗北という結果には至らなかった。今回の知事選や参院補選・同再選挙などで、情勢調査では有利なはずの自民党が次々と負けるという事態が起きている。2003年も今年も、ともに地殻変動が始まっている時期だといえるのではないか。

 もちろんこれはメディアの情勢調査とは関係ない私の勘だ。それが当たっているか外れているかも4日後にはわかる。なお、どうでも良いが今年はプロ野球の予想は全く当たらなかった。

「阪神優勝」と「横浜優勝」

 報ステでヤクルト優勝を知ったあとTwitterを見ると、「日本のトレンド」に「阪神優勝」が上がっていた。

 

 

 

 

 サンスポは東京でヤクルト、大阪で阪神をひいきの引き倒ししてるんだよね。

 「阪神優勝」といえば商標の登録をめぐって係争になった件を何度か取り上げたが、そういえば今年は「横浜優勝」をあまり見なかった。タイガースとの最終戦に逆転勝ちした時に見たくらいだった。あの「横浜優勝」のルーツは「阪神優勝」ではないかとの説がある。

 2003年に阪神が甲子園で広島に勝ってマジック1にした時、マジックの対象チームだったヤクルトは横浜スタジアムで試合をやっていて、1回表に4点取ったけどすぐに逆転され、敗色濃厚になったのだった。しかしあの日は甲子園と横浜スタジアムで試合開始時刻がだいぶ違ってたから、ヤクルトの試合はなかなか終わらなかった。だから星野仙一の胴上げまでには、阪神ナインも球場のファンもかなり待たされた。今回のヤクルトも横浜で同点の3回表に4点取ったけど、今度は逆転されなかった。そして甲子園で阪神が負けるのを待って高津監督の胴上げとは、あの日とちょうど逆のパターンになった。しかし18年前の阪神みたいに待ち時間は長くなかった。阪神の相手は前回とは違ってたけど。まあいろいろだね。1993年には、ヤクルトの試合中にナゴヤ球場で中日が阪神に負けてヤクルトの優勝が決定したことがあったらしい。らしい、というのはその頃アメリカに出張していたので日本プロ野球をリアルタイムでは追っていなかったからだ。帰国した翌日に日本シリーズ第7戦で西武に勝ち、15年ぶりの日本一を決めた。横浜スタジアムで野優勝決定は2001年にあった。この年は神宮で阪神に1敗1引き分けで優勝を決められず、横浜に持ち越したのだった。今回で8回目のリーグ優勝か。6球団だから8×6=48で、1978年から数えて44年目だから、多すぎもせず少なすぎもしない優勝回数だね。だから「日本のトレンド」に「ヤクルト優勝」は出てこないのかもしれない。

プロ野球セントラルリーグ、東京ヤクルトスワローズが6年ぶりに優勝

 今日(10/26)は仕事が押していたし、プロ野球の途中経過は見るのも怖かったし、何よりタイガースがドラゴンズに負けるとは全く考えていなかったので、先ほど優勝を知ってびっくりしたのだった。もちろん予定稿も用意していなかった。今日の戦前は、マジック2のままが45%、マジック1が45%、優勝決定が10%くらいの確率だろうという予想をしていて、せめてマジック1になってくれと願っていたのだった。それがリーグ優勝。えっ、先週あれほど苦しんだのに、こんなにあっさり決まるのかと拍子抜けした。先週火曜日から土曜日までの4試合で33失点もしたが、その中に1試合だけライバル阪神を相手に0対0で引き分けた試合が含まれていたことがものを言った。優勝を決めた今日の試合で救援して勝利投手になった高橋奎二がその試合の先発だった。シーズンの勝利数は4勝だけだが、大きな仕事をした。奥川恭伸ともども来期以降に期待が持てる。しかしタイガースとの差は本当に紙一重だった。

 タイガースは今日のドラゴンズ戦でエラーで先制点を与え、焦った矢野監督が先発の青柳晃洋投手に2回裏に代打を出したのが失敗だったように思う。中継ぎ投手が中盤に失点したからだ。時々刻々情報が入ったであろう横浜スタジアムの途中経過も重圧になっただろう。一昨日の日曜日には、デーゲームでタイガースが勝ったことがスワローズ先発の原樹理にプレッシャーを与え、腹は1回表は一死後に連続四球を出した。あそこで読売の4番・岡本に先制3ランでも浴びていたら、今日の試合で逆のことをやった可能性がある。タイガースの守備陣とスワローズの救援陣。ともに大きな弱点を抱えるチーム同士の争いだったが、スワローズに運があった。「勝ちに不思議の勝ちあり」というやつだ。直接対決の対戦成績はタイガースが4つ勝ち越しているから、再び両球団が相まみえるであろうクライマックスシリーズ*1がどうなるかはわからない。

 でも今季に限っては、クライマックスシリーズやそれに運良く勝ち上がった場合の日本シリーズよりも、とにかくレギュラーシーズンをしっかり勝ち切ってほしいと思っていたから、これ以上の結果はない。このあとのポストシーズンは、常敗球団のファンとしては「負けてもともと、勝てば儲けもの」で気楽に楽しみたいと思う。選手や監督はそんなわけにいくはずもないが。もちろん日本シリーズに出るのがスワローズでなくてタイガースであってもしっかりテレビ観戦したい。

 もっとも、間違ってあそこが出てくるようなら日本シリーズを見る気が失せることはいうまでもない。

*1:某負け越し球団がファーストステージを勝ち上がることなどあってはならない。

鮫島某(笑)

 元朝日新聞の鮫島某に関する笑えるツイートがあった。

 

 

 その朝日の情勢記事では小沢一郎は苦戦だし、日経系や共同系が南関東で1議席を確保したと伝えていた某組も、比例東京ブロック、つまり山本太郎が「1議席をうかがう」だけなんだよね。

 そもそも私が朝日を購読していた3年前までに、鮫島という名前は全然印象に残っていない。各部のデスクを歴任し、新聞協会賞受賞歴などもあるようだが。

 「プロメテウスの罠」に記事を書いていたという話を仄聞したので、図書館に置いてあった1〜9巻の単行本の末尾を調べてみたことがあるが、鮫島の名前は確認できなかった。連載末期にちょっと記事を書いた程度であろう。なお私は単行本を1〜4巻まで買ったがブックオフに売り払ってしまった。途中からあまりあの企画を評価できなくなってしまったからだ。

 そりゃ朝日新聞社内で相当バカにされていた人だったとしても不思議はない。

「自民が単独過半数確保の勢い、立憲はほぼ横ばい 朝日情勢調査」に、ネットの反自公政権クラスタが噴き上がっているが……

 朝日新聞の情勢調査記事がようやく出た。他の報道機関の情勢調査と比較して、目立って自民党に甘く、野党、特に立民に厳しい予測だった。ことに枝野幸男が互角とか、小沢一郎が接戦とかいう調査結果には、悪いが笑ってしまった。枝野といえば、2014年の衆院選で、当時のバカ首相・安倍晋三が開票速報を見ながら「枝野は落ちないじゃないか」と怒鳴っていたことが思い出される。このエピソードからわかる通り、枝野はもともとそんなに無敵の強さを誇っているわけではない。小沢一郎も、今回は公示日に選挙区入りしたことが報じられていた。

 

www.asahi.com

 

 詳細な情勢調査結果は「会員記事」だが、上記リンクの記事はそうではないので以下に引用する。

 

自民が単独過半数確保の勢い、立憲はほぼ横ばい 朝日情勢調査

 

2021年10月25日 18時00分

 

 31日投開票の衆院選(定数465)について、朝日新聞社は23、24日、全国約38万人の有権者を対象に電話とインターネットによる調査を実施し、全国の取材網の情報も加えて、選挙戦中盤の情勢を探った。現時点では、①自民党は公示前の276議席より減る公算が大きいものの、単独で過半数(233議席)を大きく上回る勢い②立憲民主党比例区で勢いがなく、公示前の109議席からほぼ横ばい――などの情勢になっている。

 選挙区はインターネット調査で、比例区は電話調査で情勢を探った。調査時点で投票態度を明らかにしていない人が、選挙区は4割、比例区は3割おり、今後、情勢が大きく変わる可能性もある。

 自民は、選挙区では公示前の210議席に届かないものの、161の選挙区で優位に立ち、190議席に迫る勢いをみせている。比例区は堅調で、公示前の66議席を上回り、70議席をうかがう。

 自民は、政権を奪還した2012年の衆院選以降、国会を安定的に運営できる絶対安定多数(261議席)を確保してきた。接戦となっている74の選挙区の勝敗次第では、今回もこれを獲得できる。

 公明党は、公示前の29議席は維持しそうな勢い。選挙区では、北海道10区と東京12区で接戦となっている。

 立憲は、選挙区では公示前の48議席を上回る公算が大きい。競り合っている65の選挙区が、議席を上積みできるかどうかの焦点。枝野幸男代表(埼玉5区)も自民前職と接戦となっている。一方、比例区は勢いに欠け、公示前の61議席を10議席以上、下回りそうだ。

 日本維新の会は、公示前の11議席から3倍近くに増える勢い。選挙区は大阪府内を中心に10選挙区でリード。比例区は地盤の近畿以外でも、東京や南関東で複数議席獲得を視野に入れている。

 共産党は、選挙区で議席を維持している沖縄1区で接戦。比例区議席を積み上げ、全体として公示前の12議席を上回る可能性がある。

 国民民主党は、4選挙区で優勢で、比例区と合わせ、公示前の8議席と同程度になる見込み。

 れいわ新選組比例区東京で議席獲得をうかがう。社民党は選挙区、比例区ともに1議席を確保できるかどうか。

 「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」は、厳しい情勢だ。

     ◇

 調査方法 23、24の両日に実施。電話調査は、コンピューターで無作為に作成した番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、固定電話、携帯電話あわせて2万5595人から有効回答を得た。インターネット調査は、調査会社4社に委託し、各社の登録モニターを対象に調査した。全国で計35万3868件の有効回答を得た。小選挙区はネット調査から当落を予測し、比例区は、電話調査から予測した。

 

朝日新聞デジタルより)

 

出典:https://www.asahi.com/articles/ASPBT533HPBHUZPS003.html

 

 政権批判側の何人かの反応を見たが、感情的に噴き上がっている人は思いの外少なかった。まあこの程度の記事で感情的に噴き上がるようではインフルエンサー失格だろう。

 一読して(ある程度以上の見識がある人なら)誰もが注目したのは、記事の末尾にある調査方法だろう。今回朝日はインターネット調査を取り入れ、調査会社4社に外注した。小選挙区の予測はそのインターネットによったという。

 この点への批判が集中するのは目に見えていた。たとえば、若き選挙クラスタの方が発信したらしい下記のツイートがその例だ。

 

 

 「登録モニターによる」調査は論外というが、テレビの視聴率調査だって登録モニターによるサンプリング調査ではないだろうか。調査会社は各社とも、無作為抽出に近づけるノウハウを持っているはずだ。サンプル数より調査方法による偏りの方が問題だ。もちろん問題は各社が採用しているその調査方法の精度と、インターネット調査という実績のない調査方法そのものではあることはいうまでもないが。

 ここで忘れないうちに書いておこうと思うが、朝日が調査方法を変えた最大の理由は、昨年世論調査の方法を変えた毎日と同様、経営が傾いたためのコスト削減が最大の理由だろう。コストを下げつつ調査精度を下げないため、現場は必死の努力をしているに違いない。断言できるのは、間違っても恣意的な調査などではないことだ。たとえば私は新聞の情勢調査能力を評価するために、既に読売新聞の現物を買った。朝日も現物を買う。そして両者を選挙結果と突き合わせて比較し評価する。個人的な感情としては、子会社のプロ野球球団ともども読売は大嫌いだが、それと評価とは全く別だ。たとえば毎日の調査はあまりにも信頼性が低いと思っているので、今回の比較検討の対象から外している。朝日だって変に恣意的な調査を出して大外れしたら信用を失って経営がさらに傾くことになるから、そんなことは絶対にやらない。当たり前のことだろう。

 菅原琢教授によると、他の調査機関(日経リサーチ系=日経・読売=と共同通信系=毎日や地方紙など=)もSMS(ショートメッセージサービス)を取り入れるなど、前例のない方法で調査を行っているとのこと。

 とにかくこういう件では、というよりどんな案件であっても専門家の意見を参照するに限る。そこで、菅原教授のツイートからピックアップする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果はもう数日後には出るんだから、何を騒いでいるのかと思う。

 なお、私自身は政党は仲間意識などではなく政策で選ぶので、最近、党の経済政策を元みんなの党江田憲司に任せているという立憲民主党は、全く信用ならない政党とみなして著しく評価を下げている。私が何よりも重視する経済政策で現在のあり方を続けているうちは、選挙区で立民公認の候補者に投票することはあっても*1、比例では立民には入れない。もちろん民民にも某組にも入れないが、民民よりも某組よりも新自由主義に引っ張られやすい体質を立民は持っている。だから、朝日以外が出してきた立民の比例の予想議席数には、えっ、そんなに立民が獲るのかと奇異の念を抱いたくらいだ。むしろ立民が比例で解散前の議席数を減らすという朝日の予想の方が、私の肌感覚と合っている。もっともこれは単なる個人の感想なので、信頼性はゼロに等しいが。

 そうはいっても、現在の政治状況においては、コロナ対応で散々な目に遭わせてくれた自民党を何が何でも政権の座から引きずり下ろしたい。それが非常に強い情念になっている。これが私の投票行動を支配する行動原理だ。

 そんな私がもっとも強く共感するのは、菅原教授もリツイートしている下記黒川滋(くろかわしげる)氏のツイートだ。

 

 

 本当にその通りだ。但し、「2005年からの4回」は「5回」(2005, 2009, 2012, 2014, 2017)の誤記。毎回のように結果が見えすぎる選挙になっているのは小選挙区制のせいだから、選挙制度を絶対に改めなければならない。

*1:今回、現在の選挙区に来て初めて衆院選でそのような投票をすることになった。参院選では過去に二度、東京で民進または立民の候補者に投票している。

「仏大統領選、極右論客が2位に 差別発言で罰金刑の過去 日本を評価」(朝日)

 下記ブログ記事の件を思い出す報道が朝日にあった。

 

kojitaken.hatenablog.com

 

 フランス大統領選で2位につける極右論客が「移民を拒み続ける国」日本を評価しているというのだ。下記は朝日新聞デジタルの「会員記事」へのリンク。

 

www.asahi.com

 

 以下、無料部分を引用する。

 

仏大統領選、極右論客が2位に 差別発言で罰金刑の過去 日本を評価

 

パリ=疋田多揚 2021年10月25日 6時00分

 

 来年4月のフランス大統領選で、極右の論客エリック・ゼムール氏(63)が世論調査で2番手につける結果が相次ぎ、社会に驚きが広がっている。イスラム教徒や移民への差別発言を繰り返し、罰金刑を受けてきた人物だ。マクロン大統領の有力な対抗馬とみられていた右翼政党「国民連合」のルペン氏の支持基盤を奪った格好で、ルペン氏は挽回(ばんかい)に躍起だ。

 22日に仏紙ルモンドが掲載した世論調査では、ゼムール氏はルペン氏と16%前後で並んだ。再選がかかるマクロン氏は25%前後で、半年前に首位を競っていたルペン氏は勢いをそがれている。

 ゼムール氏は同日、「庶民層と愛国的ブルジョア双方から支持を得られるのは私だけだ」と記者団に語り、手応えを誇った。正式な立候補表明はしていないが、支持者を集めたミーティングを重ねており、近く決断するとみられている。

 ゼムール氏はパリ郊外出身で、アルジェリアユダヤ人の家庭に育った。保守系仏紙「フィガロ」などにコラムを執筆し、物議を醸すコメンテーターとしてテレビ番組にも出演を重ねてきた。

 これまで、「密売人のほとんどはアラブ人と黒人だ」「フランスは30年間、(イスラム教徒から)侵略を受けてきた」などとテレビで発言。宗教や人種の憎悪をあおったとして罰金刑を受けた。子どもに「フランス風の名前」をつけるよう義務づけるべきだと主張。先月には日本を「移民を拒み続けている安全な国」だとして、モデルにすべきだと訴えた。(後略)

 

朝日新聞デジタルより)

 

出典:https://www.asahi.com/articles/ASPBS62SMPBRUHBI005.html

 

 そういうことだ。

 もっとも、朝日もゼムール氏を「極右論客」と呼ぶのに、高市早苗安倍晋三を極右政治家とは認定しない。ダブルスタンダードとしかいいようがない。

参院静岡補選、立民・民民推薦の無所属新人・山崎真之輔候補が当選確実

 タイトルの通り。NHKが報じた。自民推薦の若松洋平候補は落選確実になった。

 

www.nhk.or.jp