kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

小沢一郎

玉木雄一郎と小沢一郎が国民民主党と自由党の合併に合意。自由党は解散へ

「野党共闘」とは、結局小沢一派と民主集中制の共産党という、ともに指導者の暴走に歯止めを掛ける仕組みを持たない両者が密室で合意したことを支持者や無党派層に上から押しつける仕組みに過ぎず、だから人心が離反して衆院大阪12区補選で1+1=0.8になり、供…

大阪12区に含まれる寝屋川市議選でも惨敗した共産党衰退の元凶は「小沢との共闘」だ

仄聞するところによると、大阪の寝屋川市議選、同守口市議選と東京の江東区議選が、日本共産党の凋落が特に顕著だった選挙だったようだ。江東区議選の場合、共産党は現職の7議席に対して1議席増の8議席を獲得可能と考えて8人の候補を立てたところ、5人が落選…

「野党共闘」は2012年の「日本未来の党」の再現か

衆院大阪12区の補選で「野党共闘」の無所属候補・宮本岳志(ついこの間まで共産党衆院議員)が樽床伸二(ついこの間まで無所属衆院議員、その前は希望の党の比例代表近畿ブロック選出議員)に無党派層への浸透で大差をつけられている世論調査を見て、ああ、…

衆院大阪12区補選の応援弁士に極右の籠池泰典を呼ぼうとした?宮本岳志陣営の大醜態に怒る

昨日(4/12)の朝、下記ツイートを見て目を剥いた。 13日14時~寝屋川駅前演説会には福島伸享さん、川内博史さん、森ゆうこさん、籠池泰典さんがゲストスピーカーだそうです!!!#宮本たけし / @keiki22 キャス https://t.co/lEYScKq80z | 20:18経過 — しろ…

二階俊博、次期都知事選で小池百合子を推すと公言。一方、某御仁は「自民が小池支持なら対抗馬を擁立も」だって(呆)

早いもので、アメリカ大統領選もそうだけれど、前回の東京都知事選からもう3年が経とうとしていて、来年には次期の選挙が行われる。で、二階俊博が小池百合子の支持を公言して話題になっている。これに関するツイートを拾った。 2000年以降の日本の政治でお…

小沢一郎が国民民主党の「条件つき原発再稼働」を受け入れ(テレビ朝日)

このニュースに接した感想は「やっぱりな」の一語。「テレ朝ニュース」より。 https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000149026.html 小沢代表が国民民主の“条件付き再稼働”受け入れ[2019/03/04 18:47] 原発政策で歩み寄った2人がそろって福島…

小沢一郎は橋下徹を「担ぐ気満々」だが、橋下には小沢に担がれる気など全くない

私は小沢一郎氏が橋下徹氏としばしば接触していることを批判していますが、親小沢派の方々は、「小沢氏は橋下氏と組むつもりはない」と盛んに反論します。私は本当に組むつもりがないかはまだ分からないと思っていますが、仮にそうだとしても、橋下氏と安易…

「小沢一郎氏に場所を与えてはならない」by 中島岳志/いきり立つ堀茂樹(笑)

だいぶ前、2月1日のことだが、中島岳志が下記のツイートを発していたことを遅ればせながら知った。 小沢一郎氏に場所を与えてはならない。それが平成史の教訓。 — 中島岳志 (@nakajima1975) February 1, 2019 これは明らかに小沢一郎が玉木雄一郎とつるんで…

孫崎享が小沢一郎を「自民党別働隊」呼ばわり。焦る「小沢信者」w

橋下徹にすり寄る小沢一郎(自由党)と国民民主党(代表・玉木雄一郎)に理も勝ち目もないことは火を見るよりも明らかだと思うが、孫崎享もそう思ったのか、小沢を見限るかのようなツイートを発した。孫崎は従来、小沢を「自主独立派」の政治家として称賛し…

小沢一郎と玉木雄一郎がインターネット番組で橋下徹にラブコール(呆)

下記産経記事が報じた件は番組が収録された時に周知されていたので知っていたが、一昨日(2/7)番組が放送されたらしい。 https://www.sankei.com/politics/news/190208/plt1902080005-n1.html 玉木、小沢両氏が橋下氏と共演 「ぜひ結集して」 2019.2.8 01:26…

統一会派やら統一名簿やらで小沢一派と「信者」とが馬鹿騒ぎ(呆)

小沢一郎と連合の神津里季生が参院選で野党が統一名簿を作れ、などと言ったらしく、小沢側・反小沢側双方のTwitter界隈はこの話題でかまびすしい。 小沢と神津の会談は29日に行われ、30日に朝日が報じている。 https://www.asahi.com/articles/ASM1Y56RLM1YU…

「国由合併 国民民主の政策踏襲 時期『1カ月以内』 両代表合意」(産経)

下記は、昨日12年半の生涯を終えた、はてなダイアリー版『kojitakenの日記』に最後にいただいたコメント。 https://kojitaken.hatenablog.com/entry/20190126/1548476744#c1548549275 id:MOkd 国由合併 国民民主の政策踏襲 時期「1カ月以内」 両代表合意htt…

小沢一郎、立民と社民の統一会派を「数合わせ」と批判。お前が言うな

小沢一郎が仕掛けた自由党と国民民主党(民民)との合流計画は、結局統一会派結成にとどまるしょぼい展開となったが、これに対して立憲民主党(立民)が小沢に「切られた」形になった参院社民党と統一会派を組んで対抗するなど、とうとうスポーツ紙に面白お…

「国民民主党 自由党との連携強化の協議入り了承」(NHK)

自由党と国民民主党(以下「民民」と略称)の合流話はやはり民民の党内からの反発が強いらしく、共同通信や朝日を後追いしたメディアの報道はやや後ろ向きに変化している。「合流」に加えて「統一会派」という言葉が出てくるようになった。下記NHKニュースも…

「自由党と国民民主党が合流へ 小沢一郎と玉木雄一郎が大筋合意」(朝日)

https://www.asahi.com/articles/ASM1Q5QBRM1QUTFK016.html 自由党と国民民主党が合流へ 小沢氏と玉木氏が大筋合意 寺本大蔵 2019年1月22日23時40分 国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎代表が22日、両党を合流させる方針で大筋合意した。両党議…

立憲民主党、国民民主党と小沢一郎の醜い「野党内主導権争い」(呆)

またぞろ朝日新聞の政局観測記事が一部で話題になっている。 https://www.asahi.com/articles/ASLDK4SB2LDKUTFK00G.html 立憲、野党の参院改選組「脅し」て取り込む きしむ共闘 山岸一生、河合達郎、安倍龍太郎 2018年12月24日18時11分 約6年となる安倍政権…

小沢一郎に何も言えない「市民様」と「都会保守」の怯懦

先週も体調は回復基調ではあるものの回復の速度はいたって遅く、夜帰ってきたら食事をして、普段見ていた報棄ての後半とNews23も見ないで寝ている習慣になっていたので、また1週間ぶりの日曜日の更新になった。その間にもろくでもない話はたくさんあった。た…

「小沢・橋下・前原」密会報道への「リベラル」たちの情けない反応

1週間ぶりに更新するが、先週は仕事の山場と体調不良とが重なって近年最悪の1週間だった。熱は大して出なかったがなかったが消化器系をやられた。どうも胃よりも腸がおかしかったようだ。まだ多少おかしいし、あと神経系もかなりおかしい。水曜日と木曜日は…

小沢一郎がAERA dot.に「改憲論」を披露

小沢一郎がAERA dot.*1に「改憲論」を披露した。長いが以下に引用する。 小沢一郎が改憲と沖縄県知事選を語る「日本政府が米国に何も言えないことが最大の問題」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット) 小沢一郎が改憲と沖縄県知事選を語る「日本政府が…

小沢一郎がまた妄言

いまさら驚かないが、小沢一郎がまた寝言を発したらしい。 https://twitter.com/matsuikei/status/1030280660231933952 松井計 ‏@matsuikei 小沢さんは『悲劇しかもたらさない戦争を繰り返さないという国民の覚悟が必要だ』と発言してるの? しかしね、歴史…

小沢一郎、小泉純一郎を野党統一候補に担ごうとして固辞される(呆)

いまさら言うまでもないが、小沢一郎というのはとことんどうしようもない野郎だ。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080600819&g=pol 小泉元首相を野党統一候補に=小沢氏が打診も固辞−参院選 自由党の小沢一郎代表が小泉純一郎元首相に対し、来年の参…

「身を切る改革」も「小泉純一郎と小沢一郎の接近」もともに有害無益

通常国会の終盤に駆け足で可決成立した参院選の制度改革について、自民党の党利党略に発したものであることは当然批判の対象にはなろうが、それを「かつて安倍首相自身も口にしていた『身を切る改革』に反するのではないか」としか批判しなかったのはTBSだ。…

カジノ法案、衆院委員会で強行可決。小沢一郎長年の宿願の実現近づく

今週はまた仕事に謀殺、もとい忙殺され、働かせ改革法案を初めとして米朝首脳会談だの東電の福島第二原発廃炉だの本田圭佑がむかつくだのヤクルトスワローズの交流戦優勝が怪しくなった*1だのについて何も触れられなかったが、まずこのふざけた国会の動きか…

民進・希望の統一会派結成が頓挫。「政治哲学」が欠落しているのは誰か

民進党と希望の党の統一会派結成構想の頓挫は、民進党の両院議員総会が始まる前の昨日(1/17)朝の時点で既に確実だったため、実際にお流れになってもニュースでもTwitterでもたいして話題にならなかった。しかし、下記の某人のコメントには呆れ返った。 htt…

「サンデー毎日」掲載の「小沢一郎インタビュー」に憤激した(下)

「サンデー毎日」掲載の「小沢一郎インタビュー」に憤激した(中) - kojitakenの日記 の続き。 「サンデー毎日」(2018年1月7・14日合併号)掲載の小沢一郎インタビューからの引用を続ける。 今回の連合の役割は? 「ダメだった。(26日深夜の会談で)だま…

「サンデー毎日」掲載の「小沢一郎インタビュー」に憤激した(中)

「サンデー毎日」掲載の「小沢一郎インタビュー」に憤激した(上) - kojitakenの日記 の続き。 「サンデー毎日」(2018年1月7・14日合併号)掲載の小沢一郎インタビューからの引用を続ける。 前原氏に裏切られた? 「ご本人は裏切ったつもりはさらさらない…

「サンデー毎日」掲載の「小沢一郎インタビュー」に憤激した(上)

本屋の新書本売り場に行くと、日刊ゲンダイの記者による小沢一郎本が朝日新聞出版から出ている。かと思うと、毎日新聞出版の週刊誌「サンデー毎日」には小沢一郎インタビューが頻出する。朝日新聞も毎日新聞もそんなに「小沢びいき」の印象はないし、特に朝…

野党は「『右も左もない』野党共闘」という野合の思想と訣別せよ

「広原盛昭のつれづれ日記」は、いつも感心しながら読んでいるのだが、最新の記事にはちょっと首を傾げるところがあった。 民進党解体の〝戦犯〟前原氏が「後悔ない」「引退考えない」を公言する無責任さ、厚顔無恥さ、立憲民主を軸とした新野党共闘は成立す…

小沢一郎、前原誠司に「小池さんとうまくやれたら一番いいな」と言っていた(呆)

「きまぐれな日々」にいただいたコメントより。 http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-1494.html#comment21177 小池百合子がコケたのは本当に大きかった。右翼の有力なリーダー候補が一人消えたわけですから。実は私は9月の解散が取り沙汰された当初、…

「希望から共産までの野党が一本で戦う」という「小沢構想」が最大の問題

小沢一郎、「野党は今度こそ、自分勝手言わず協力を」と発言(呆) - kojitakenの日記(2017年11月2日)のコメント欄より。小沢一郎の「野党が今度こそね、あまりもう自分勝手言わずにですね、その大きな大義に向かって協力しあうっちゅう態勢をぜひ作りたい…