kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

原口、鳩山が倒閣のボルテージを上げる一方、社民党は不信任案反対

原発政局」は、原発推進勢力がますますボルテージを上げる醜態を晒している。


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110526/stt11052601160001-n1.htm

首相を倒せ! 原口氏が倒閣宣言 鳩山氏は決起促す
2011.5.26 01:13


 民主党原口一博総務相は25日、「トップは替わった方がいい」と述べ、菅直人首相は直ちに退陣すべきだとの考えを表明した。小沢一郎元代表も同党議員との会談で、首相退陣を求める行動を起こす考えを示唆したほか、鳩山由紀夫前首相は講演で「大事なのは覚悟を持って行動する勇気だ」と、倒閣に向けて決起を促した。首相が主要国(G8)首脳会議(ドービル・サミット)で不在の中、「菅降ろし」の火の手が党内各所から上がってきた。

 原口氏はこの日、記者団に対し「東京電力任せにし、放射性物質をバンバン拡散させている。子供や妊婦や赤ちゃんを守れないことは絶対にあってはならない」と述べ、首相の原発事故対応を厳しく批判した上で退陣を要求。両院議員総会を開いて、党代表を交代させる方法が望ましいとの考えを示した。

 ただ、野党が検討している内閣不信任決議案への同調については「一線を画している」と述べるにとどめた。不信任案が可決され、首相が解散・総選挙に打って出た場合には「一緒に選挙はできなくなる」として、その場合の離党もにじませた。

 一方、小沢氏は同日、川内博史衆院議員と都内の事務所で会談し、原発事故について「官邸が情報を隠し、本来、知らされるべき情報が被災住民に知らされなかったことで無用な被曝(ひばく)を招いた」と述べ、政府の対応を厳しく批判。「いま決断し行動しなければならない」と、首相退陣を求める行動を起こす考えを示唆した。

 また鳩山氏も同日、国会内で開かれた小沢氏支持の参院議員の会合で講演し、平成5年に自民党を離党して新党さきがけを結成した経緯を紹介して、「自らの覚悟を強く持つことで道は開かれる」と強調した。


産経の報道ぶりもすごい熱気だ。一方、「元祖反原発勢力」の社民党は不信任案に反対する方針だ。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110526ddm005010127000c.html

社民、内閣不信任案反対


 社民党重野安正幹事長は25日の記者会見で、自民、公明両党が検討している衆院での内閣不信任決議案提出について「(東日本大震災の)現地も必死に復興に努力しているときに、司令官(菅直人首相)の首を代えることは、被災地のみなさんや国民には通用しない」と述べ、反対の意向を示した。

毎日新聞 2011年5月26日 東京朝刊


社民党、特に重野安正というと、ちょうど1年前の鳩山由紀夫辞任の政局で、小沢一郎と密接な連携をとっていたことが思い出されるが、もはや小沢一郎とは切れているのだろうか。そもそも「数の力」を頼る小沢一郎にとって、かつての小沢自身がもくろんだ通りに弱小化した社民党にはもはや用はないということだろうけれど。


社民党というと思い出されるのはきっこが社民党支持だったことと、今では「自民党は内閣不信任案を出さないのか」と地団駄踏んでいる某小沢信者のブロガーが、ずっと前には土井たか子平和憲法を称えた色紙の画像をよくブログに掲載していたことだ。その彼らが小沢信者に転んで醜態を晒しているのが現状だが、さらに問題なのは、彼らの取り巻きの誰一人としてそれを批判することができないことだ。

彼らはもはや何を言われても現実を直視することさえできなくなっている。自自公政権が復活したら、現政権よりさらにひどい原発事故の情報隠しや原発推進政策をやらかすことは火を見るより明らかだが、そうなっても彼らは小沢一郎マンセーするのだろうか。

いや、そうなったらブログで政治のことを書くのなんか止めて、ほかのことに熱中するんだろうな。あの手の輩は。