kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

「ポスト菅」に「脱原発」論者が一人もいない件について

少し前まで、菅直人首相が口にする「脱原発」について、「『脱原発』は結構だけれど支持率の低い菅首相が人気取りのために口にするのが気に食わない。『脱原発』は次の内閣で粛々と進めるべきだ」という意見を結構見聞した。

しかし私は、「それってちょっと違うよなあ」と思っていたのだった。「ポスト菅」にどれだけ「脱原発」を進めることのできる政治家がいるんだろうか。

そう考えていた、かねてから民主党には批判的だった私だが、それでも見通しがあまりにも甘かった。政権交代前に、民主党というのはずいぶんと世論を気にする政党だという印象を持っていたから、世論が「脱原発」に大きく振れると、それに従って「脱原発」を言い出す政治家もそれなりにいるだろうと思っていたのだ。

しかし現実はそうではなかった。「ポスト菅」で「脱原発」を打ち出している国会議員など誰もいない。私が思っていたよりも民主党の「原発推進政党度」はずっと高かった。これでは、菅直人が再三腰砕けしてしまったはずだ。

中でも、早くも「大連立」を自公に確約している野田佳彦は最悪だが、小鳩派にしたって小沢一郎は「トリウム溶融塩原発」、鳩山由紀夫は「地下原発」をそれぞれ推進する立場に立つ。執行部系の政治家も同様で、ついこの間までは福島の有権者にも菅首相にも遠慮してか持論の原発推進論を封印していた玄葉光一郎は、菅首相の退陣が確定的になるや、「小型原発推進」を言い出した。

誰だよ、「後任の内閣が粛々と『脱原発』を進めれば良い」なんて無責任なことを言ったのは、と毒づきたくなる今日この頃である。