kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

新型コロナウイルスをめぐる安倍晋三・山本元号党・日刊ゲンダイの混迷を斬る

 ここ数日で、実生活に新型コロナウイルスの影響が表れ始めたという人は少なくないだろう。それに伴い、これまで極端にウイルス対策に消極的だった安倍政権に対する批判が、少なくともネットでは高まっている。

 おそらく、今後安倍政権は、これまでとは一転して「新型コロナウイルスと全力で戦っている」印象操作をする方向へと転換すると考えるのが自然なのだが、ネックになっているのが東京五輪で、おそらく五輪を利用して国粋主義的なくうきが高まった時点で衆院解散を行い、それに勝って4選と改憲へとなだれ込む野望を、安倍晋三はまだ捨てていないと思われる。

 その際に安倍にとって必要条件は東京五輪の開催だから、無事五輪開催にこぎつけるために、コロナウイルスの患者数や死者数を過少に見せかけるためのあがきは、これまでと同様に続けるに違いない。

 上記2つの相反する力が働くため、今後も安倍政権の新型コロナウイルス対策は混迷を極めるだろう。政策は朝令暮改が続く。昨日言ったことと違うことを今日言うという事例は既にあったが、同様の混乱は今後も続く。

 このことから生じる無用な犠牲を食い止めるためには、1日も早く安倍晋三を政権の座から引きずり下ろすことだ。東京五輪など、開催できなければできないで構わないではないか。それより人々の命と健康のほうがよほど大事だ。

 そう、安倍晋三は人々の命と健康を危険にさらす脅威以外の何物でもない。「安倍のリスク」そのものなのだ。こんなリスクは、一刻も早く除去されなければならない。

 安倍晋三以外では、山本元号党や日刊ゲンダイも迷走している。山本党は、国会の休会を提案して叩かれている。同党に賛同しているのは自民党や維新の議員たち、それにネトウヨという状態であって、同党は「ゆ党」そのものになりつつある。ただ私は、本当に国会の休会が必要になるほど新型コロナウイルスが蔓延する可能性もそれなりにあると思うので、一日も、そして一刻も早くコロナウイルス対策の大型補正予算を組んで、休会に追い込まれるまでにやるべきことをやらなければならないと考えている。もちろん山本党の提案は人気取りのパフォーマンスに過ぎないので、これに対しては強く非難する。

 日刊ゲンダイは、昨日だったか一昨日だったか忘れたが、いま必要なのは大型減税だ、などという大見出しを掲げていた。私はいつも書く通り、このタブロイド紙は産経よりももっと悪質だと考えているのだが、このイエローペーパーめ、また馬脚を現したな、と呆れた。

 いま必要なのは大規模な財政支出に決まってるだろ。緊縮財政志向の安倍政権が新型コロナウイルス対策の支出を渋った「初動の遅れ」から、今の危機が引き起こされたのだ。