kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

河井克行・案里夫妻を逮捕/東京都知事選告示

 検察のリーク通り、河井克行・案里夫妻は昨日(6/18)逮捕された。今後の課題は、金の出所だろうと巷間噂されている「安倍マネー」こと官房機密費に捜査が及ぶかどうかではないか。焦点は44年前と同じ「総理大臣の犯罪」だ。岸信介は決して塀の内側には落ちない人間だったが、その遺訓は「不肖の孫」に活かされているかどうか。まあ安倍晋三が辞めないうちは捜査は難しいかもしれないが、田中角栄と同じように「前首相」になってしまえばどうなるかわからない。角栄の時には政敵の三木武夫が総理大臣だった。これを思っても、次期総理総裁が石破茂になるのを阻止することは安倍にとって最大の課題の一つだろう。

 昨日は東京都知事選が告示された。笑ってしまったのは届け出順で、山本太郎がトップで小池百合子が二番目だった。だからNHKニュースが報じた候補者のコメントはこの順になっている。

 

www3.nhk.or.jp

 

 山本太郎の出馬に関しては周囲はみんな反対だったが、山本本人が積極的だったとされる。もっともその「周囲」の中には斎藤まさしは含まれないだろう。

 都知事選はどうせ小池百合子の圧勝だろうが、その小池は「行財政改革構造改革を進める」と宣言した。

 

www.asahi.com

 

 大阪維新の会推薦の候補も出馬する中で、小池が「ネオリベ新自由主義)の本家本元は私よ」と高らかに宣言した形だ。

 小池は極右でもある。そんな小池が前回の都知事選で圧勝した時には「リベラルにも受け入れられる」などという幻想を抱いた論者がネットでも多数見られた。某都会保守のブログなどは「小池都知事民進党(当時の代表は蓮舫)の連携にちょっとワクワクした」と書いた。同じブログが今回の都知事選に関して維新推薦の小野泰輔がネオリベだとしてこき下ろしていた記事をつい最近見かけたような気がする。それはその通りなのだが、それなら小池の「構造改革」の言葉に対しては何か論評しないのだろうかと思ってしまう。

 もっとも山本太郎も副知事候補として小野泰輔の名前を宇都宮健児の名前とともに挙げたらしいから、山本のネオリベ度も前記都会保守氏よりさらに高いといえそうだ。山本もまた、間違ってもリベラル諸氏にお勧めできる候補者ではない。山本は一応再分配重視系の候補ということになっているが、掲げる政策は現金給付が中心だ。一方宇都宮健児が掲げる再分配の施策は現物給付が中心であり、地方自治でより効果的だとされるのは後者の方だ。それだけでも、2人の候補のどちらがすぐれているかは明らかだろう。宇都宮氏には過去に引き起こした陣営内のトラブルがあったが、それを差し引いても……、いや、告示後でもあるしこれ以上書くのは止めておこうか。