kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

白井聡

松尾匡による白井聡『国体論』批判には溜飲が下がったが……

コメント欄*1で杉山真大(id:mtcedar)さんに教えていただいた松尾匡による白井聡『国体論 - 菊と星条旗』(集英社新書)に対する批判に溜飲が下がった。その中から、現天皇が一昨年に発した「お言葉」に対する白井聡の評価を批判するくだりに焦点を当てて、…

白井聡『国体論』は予想通りひどい駄本だった

白井聡の『国体論 - 菊と星条旗』(集英社新書)を読んだが、もともと白井を全く買っていない私が予想していた通り、ろくでもない本だった。 国体論 菊と星条旗 (集英社新書)作者: 白井聡出版社/メーカー: 集英社発売日: 2018/04/17メディア: 新書この商品を…

内田樹と白井聡の対談本『日本戦後史論』、未読だが批判するために読んだ方が良いかも

吉田松陰についてネット検索していたら、下記の記事がみつかった。 内田樹/白井聡「日本戦後史論」 - 読書日記(2015年5月1日)より (前略) ルーツは戊辰戦争。いっぽう内田は、原発事故への対応やTPP交渉を見て、日本の支配者層には、自己破壊、破壊願望…

長妻昭と白井聡に改めて呆れる

ゴールデンウィーク中の護憲集会に民主党の長妻昭が出てきたこと自体、日頃から長妻に好感を持っていない私としては、なんだか白々しいなあと思っていたのだが、なんと長妻昭は共産党の志位和夫と手をつなぐのを拒否したのだそうだ。いかにも長妻らしいなあ…

「しんねん」の話

昨年の大晦日から今年の正月3日まで、ネットに何も書かなかった。昨年の暮れから、新年の挨拶のエントリを上げるのはやめておこうと考えていたからだ。別に身内に不幸があったとか、最近は元旦からスーパーが営業してたりして気に食わないからこれに反発して…