kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

五輪

東京五輪マラソンの札幌代替を検討できるのなら東京五輪開催自体を返上すべきでは

東京五輪のマラソンを札幌でやるという話だが、こんなのは東京への五輪招致が決まった2013年に議論しとけよという感想しかない。2013年当時のこの日記を見返しても、招致決定直後には「TBSの『サンデーモーニング』でさえ奉祝ムード一色の報道」*1だと書き残…

安倍晋三がリオ五輪閉会式に出しゃばる醜悪に吐き気を催した

今回のリオ五輪の生中継は終盤の一部競技(男子陸上の400mリレー決勝戦など)を除いてほとんど見なかった。前半の「山の日」(8月11日)からの4日間は夏休みをとって祝日制定の狙いに嵌って山に行っていたし、その後はお盆の時期だというのに仕事が忙しくて…

神宮球場使えない五輪死ね!!!

なんだこのニュースは。 http://www.asahi.com/articles/ASJ456WRWJ45UTQP025.html ヤクルトどこで試合? 神宮球場、五輪前後に使用できず 2016年4月6日03時46分 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、主会場の新国立競技場に隣接する神宮球…

選手の成功は簡単に忘れるが、失敗は永久に忘れない。そんなゴロツキスポーツ記者が「悲劇」を再生産する

下記ブログ記事を一読して呆れ返った。というより激怒した。 道新ブログ ☆沙羅ジャンプ4位。期待し過ぎた私たちも反省しなければ 2014年02月12日 高梨沙羅のジャンプは2回目の失敗が響いて4位。1発で決まるジャンプ競技の難しさを改めて感じた。 試合後…

ソチ五輪・浅田真央選手6位入賞とシンキロー(森喜朗)の妄言

ソチ冬季五輪の女子フィギュアスケートで、浅田真央選手が6位入賞を果たした。私は今回のソチ五輪の生中継を見ていない。ニュースで知るのみ。「日の丸飛行隊」とかなんとか、不愉快な言葉が乱れ飛ぶのにすっかり嫌気が差したからである。それでも注目してい…

羽生結弦選手と「弓弦羽」

ソチ冬季五輪の男子フィギュア、羽生結弦が金メダルを獲ったそうだ。 羽生といえば、将棋の棋士のおかげで、ある時期から「ハブ」と読む癖がついてしまっていたが、この人は「はにゅう」。世間一般ではこの方が普通かもしれない。 ところで、日刊スポーツの…

2020年の日本には発揚する国威もない

2020年の東京五輪は1936年のベルリン五輪と同じで、国威発揚に利用されるだろうとの意見がある。 しかし、それはあまりにも楽観的に過ぎる想像だろうと私は思う。 私は、2020年の日本には発揚するだけの国威の持ち合わせなど既にないのではないかと考えてい…

安倍晋三:汚染水「完全にブロック」発言、東電と食い違い(毎日)

http://mainichi.jp/select/news/20130910k0000m040073000c.html 安倍首相:汚染水「完全にブロック」発言、東電と食い違い 安倍晋三首相が、7日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会の五輪招致プレゼンテーショ…

1959年に東京五輪招致を決めた時の総理大臣・岸信介は翌年退陣に追い込まれた(笑)

岸信介に関するトピックス:朝日新聞デジタル より。 IOC総会へ政権ピリピリ 汚染水に対応/皇族利用は反論 マイナス要因の払拭躍起 首相には、尊敬する祖父の岸信介元首相が1964年開催の東京五輪招致の最高顧問を務めた、という思い入れもある。外国…

2020年東京五輪が決定orz

やはりこうなったか。 http://www.asahi.com/sports/update/0908/TKY201309080015.html 東京五輪開催決定 決選でイスタンブールに60対36 国際オリンピック委員会(IOC)は7日(日本時間8日)、アルゼンチン・ブエノスアイレスでの第125次総会で…

五輪と東電福島原発の放射性汚染水

http://www.asahi.com/national/update/0905/TKY201309050388.html 五輪招致、汚染水漏れで東京守勢 会見で「安心」空回り 【ブエノスアイレス=阿久津篤史、中村真理、平井隆介】東京、マドリード、イスタンブール(トルコ)が争う2020年夏季五輪の開催…

東京電力原発事故の放射性汚染水と東京五輪

今日は「防災の日」、つまり関東大震災から90周年に当たる日だが、90年前の今日、東京は火の海になった。一方、現在大きな問題になっているのは、東京電力が原発事故を起こした福島第一原発で今も垂れ流している放射性汚染水である。 http://www.asahi.com/n…

「トンでイスタンブール♪」とばかりに猪瀬直樹が自爆したようだが

猪瀬直樹のイスラム差別・トルコ差別のトンデモ発言は、2020年のイスタンブール五輪への絶好の援護射撃になったようだ。トンデモ「と知事」の妄動から私が思い浮かべたのは、「トンでイスターンブールゥ♪ 人の気持ちはシュール♪」という庄野真代のかつてのヒ…

「イシンバエワ」の名前にイラッときた五輪観戦

帰宅してテレビをつけたら女子バレーボールの日本対中国戦が第4セット終盤の大熱戦で、思わず見入ってしまった。バレーボール中継は、総合テレビは卓球をやるからといってEテレに回されたが、同じ日本対中国の女子のゲームでも、卓球は勝敗が見えているからE…

不明朗な代表選考はあとあとまで禍根を残すのかもしれない

五輪の柔道を見ていて思ったこと。競技の結果が金メダルではなく、銀メダルだろうが銅メダルだろうがメダルなしだろうが、そのこと自体をどうこういうつもりは全くない。昨日の日本代表2選手は、銀メダルとメダルなしだったが、両選手ともよく健闘したと思う…

ロンドン五輪開幕だそうだが

ロンドン五輪開幕だそうだが、開会式の生中継を見るなどという酔狂なことはしなかった。4年前の北京五輪の時には、直前に仕事でメールをやりとりしていた中国人がどえらく興奮しているのが面白かったが、今回はそんな興味もなく、日本選手のメダル獲得数など…

浅田真央は優勝しても悔し涙を流したことのある選手なのだ

バンクーバー五輪の女子フィギュアスケートで銀メダルを獲得した浅田真央の悔し涙が、一部のレイシズムというかゼノフォビアの心性の持ち主たちの怒りに火をつけたようで、それこそ「右」も「左」もなく集団ヒステリーの様相を呈しているが、浅田真央はかつ…

銀メダルを獲得したことを知って見た浅田真央の演技に思ったこと

99.99%逆転優勝はあり得ない状況で、後半に若干の失敗はあったとはいえ、あのような滑りを見せることができた浅田真央は大したものだと思った。ふと、あっという間に守備を終えなければ優勝はあり得なかった1988年10月19日の近鉄バファローズ10回裏の守備を…

浅田真央銀メダル、安藤美姫5位入賞、鈴木明子8位入賞

女子フィギュアの結果に浅田真央は涙したそうだが、よくやったんじゃないかな。シーズン前半の絶不調から、よく立ち直ったものだ。安藤、鈴木も善戦したといえると思う。

「まおちゃん」と「安藤」

今日の日本列島はバンクーバー冬季五輪の女子フィギュアスケートの話題一色だ。テレビの画面に、携帯の画面にかじりつく人たちがそこかしこにいた。私はこれを書いている時間になってもまだ全然見ておらず、あとでニュースで見る程度になるだろう。今日のシ…

才色兼美(ママ=備)

バンクーバー冬季五輪開幕。NHKテレビはつけてるけど、画面はほとんど見ていない。もうだいぶ前から、五輪の大仰な開会式には食傷しているのだ。ところで、番組開始前にNHKでやってた番組で、女子選手を紹介するテロップが間違って「才色兼美」になっていた…