kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

スポーツ

東京五輪マラソンの札幌代替を検討できるのなら東京五輪開催自体を返上すべきでは

東京五輪のマラソンを札幌でやるという話だが、こんなのは東京への五輪招致が決まった2013年に議論しとけよという感想しかない。2013年当時のこの日記を見返しても、招致決定直後には「TBSの『サンデーモーニング』でさえ奉祝ムード一色の報道」*1だと書き残…

酷暑で棄権続出の世界陸上 批判止まず「開催決めた人間は今ごろ涼しい部屋で寝てる」(デイリースポーツ)

TBSが毎晩世界陸上なんか放送してやがるが、全く見る気にならない。news23をやってないから仕方なく昨夜(10/1)は日テレのnews zeroを見たが、有働由美子が全然良くない。この人はやはりNHKでバラエティやってなんぼの人だ。以前有働が仕切るようになる前に…

池江璃花子となべおさみ

池江璃花子は東京都江戸川区の出身で、そのことは3年ほど前に同区の中央図書館で知った。10年近く前以来東京東部の住民になっている私は、それ以来同選手に、応援とまではいかないが関心を持ってきた。 sumita-m.hatenadiary.com 以下引用する。 サイゾーウー…

競泳・池江璃花子選手が白血病罹患を公表

競泳の池江璃花子選手が白血病にかかったことが公表された。以下に日刊スポーツの記事を引用する。 https://www.nikkansports.com/sports/news/201902130000007.html 池江璃花子に奇跡を!白血病を世界に発信し情報期待 [2019年2月13日5時0分] 20年東京五輪…

全米テニス騒動、問題は人種差別や女性差別ではなくセリーナの未熟さ

今週は平日に更新できなかった。来週も同じになると思う。前の週末に、全米オープンのテニスで大坂なおみが優勝したが、大坂に負けたセリーナ・ウィリアムズの醜態が話題になった。あれを女性差別や人種差別に対するウィリアムズの怒りととらえる見方は間違…

内田正人と星野仙一

日本大学アメリカンフットボール部監督の内田正人が犯した悪行は想像を絶するほど酷いが、内田の同様の悪行を数限りなく犯した人間を思い出したのは私だけだろうか。そう、4か月前に死んだ星野仙一だ。無防備の相手選手に背後から襲いかからせた内田正人の悪…

イチロー、30人目の3000本安打を3塁打で達成

リオ五輪や、天皇が事実上の生前退位の意向を表明したビデオメッセージを発表した件などもあったが、今朝取り上げるのはイチローの3000本安打。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160808/k10010626241000.html イチロー 通算3000本安打達成 大リーグ史…

イチローとピート・ローズと谷亮子と

もはや旧聞に属するが、先週「日米通算安打数」でピート・ローズの「大リーグ記録」とやらを抜いたイチローのインタビューが面白かった。下記サイトに全文が収録されている。 イチロー"ローズ超え"日米4257安打 会見全文「僕が持ってないはずない」 | Full-c…

ムハマド(モハメド)・アリ死去

ムハマド(モハメド)・アリが死んだ。わけあって共同通信と毎日新聞の訃報記事を引用する。 http://this.kiji.is/111647509823701000 元ボクサーのアリ氏が死去 74歳、元ヘビー級世界王者 2016/6/4 14:06 1976年6月、格闘技世界一決定戦でプロレスのアント…

力士の平均寿命

北の湖の死 - Living, Loving, Thinking, Again(2015年11月22日)より それにしても、取的の寿命は短いなという印象はある。北の湖の62歳というのも現代人の感覚からすれば若死ということになるだろう。2010年に亡くなった初代若乃花(花田勝治氏)は享年82…

星野仙一のオールスター戦出場辞退、田中将大の故障、そしてヤンキースの弊害

まず、せめてもの朗報から書くと、星野仙一が結局オールスター戦の監督出場を辞退した。ネットでは、「マー君の故障に責任を感じたのではないか」との憶測も流れていたが、あり得る話だと思った。星野の病気には同情すべきだとしても、楽天の最下位及び田中…

日本、グループ最下位で敗退。ギリシャは土壇場のゴールで決勝T進出

サッカーW杯、日本はコロンビアに1対4で惨敗した。コロンビアが駒落ちで臨んできた前半もアディショナルタイムで同点に追いつくのが精一杯で、コロンビアが2人ほどレギュラーを投入してきた後半戦は勝負にならなかった。日本は集団で攻め込んでも決定的なチ…

サッカーW杯/日本、決勝トーナメント自力進出消える

今朝はサッカーW杯を見ていたので、その話題だけ。日本はギリシャを相手に0対0で引き分け、自力決勝トーナメント進出が消えた。ギリシャの場合、次のコートジボワール戦で勝てば、日本がコロンビアに勝っても得失点差で日本を上回れば(これはギリシャが初戦…

サッカーW杯、日本はコートジボワールに逆転負け

昨日(6/14)は朝早くから遠出して、7時間労働ならぬ7時間運動に精を出し、遅く帰宅したので、ダイアリーの日記更新をお休みしたわけだけれど、今日はテレビでサッカーW杯の日本対コートジボワールの試合を見ていた。試合は1-2の逆転負け。解説者は選手の足…

選手の成功は簡単に忘れるが、失敗は永久に忘れない。そんなゴロツキスポーツ記者が「悲劇」を再生産する

下記ブログ記事を一読して呆れ返った。というより激怒した。 道新ブログ ☆沙羅ジャンプ4位。期待し過ぎた私たちも反省しなければ 2014年02月12日 高梨沙羅のジャンプは2回目の失敗が響いて4位。1発で決まるジャンプ競技の難しさを改めて感じた。 試合後…

ソチ五輪・浅田真央選手6位入賞とシンキロー(森喜朗)の妄言

ソチ冬季五輪の女子フィギュアスケートで、浅田真央選手が6位入賞を果たした。私は今回のソチ五輪の生中継を見ていない。ニュースで知るのみ。「日の丸飛行隊」とかなんとか、不愉快な言葉が乱れ飛ぶのにすっかり嫌気が差したからである。それでも注目してい…

羽生結弦選手と「弓弦羽」

ソチ冬季五輪の男子フィギュア、羽生結弦が金メダルを獲ったそうだ。 羽生といえば、将棋の棋士のおかげで、ある時期から「ハブ」と読む癖がついてしまっていたが、この人は「はにゅう」。世間一般ではこの方が普通かもしれない。 ところで、日刊スポーツの…

「イシンバエワ」の名前にイラッときた五輪観戦

帰宅してテレビをつけたら女子バレーボールの日本対中国戦が第4セット終盤の大熱戦で、思わず見入ってしまった。バレーボール中継は、総合テレビは卓球をやるからといってEテレに回されたが、同じ日本対中国の女子のゲームでも、卓球は勝敗が見えているからE…

ロンドン五輪開幕だそうだが

ロンドン五輪開幕だそうだが、開会式の生中継を見るなどという酔狂なことはしなかった。4年前の北京五輪の時には、直前に仕事でメールをやりとりしていた中国人がどえらく興奮しているのが面白かったが、今回はそんな興味もなく、日本選手のメダル獲得数など…

李忠成の決勝ゴールでサッカー日本代表が2大会ぶりアジア杯制覇

サッカーアジアカップは、日本が2大会ぶり4度目の優勝を決めた。因縁の地・ドーハで行われたことで、私は逆に「何かが起きる」期待を抱いていたのだが、それが現実になった。18年前の「ドーハの悲劇」は、生中継では見ていない。当時アメリカに滞在していた…

日韓戦大激戦だったね

サッカーの日韓戦は大激戦だったね。テレビで日韓戦の中継を見たのはずいぶん久しぶりだった気がする。PK戦は時の運。公式記録では引き分けになるんだよね、確か。そう思って調べてみたら、やっぱりそうだった。 http://kick.or.tv/nippon/history.php?mode=…

サンフランシスコ・ジャイアンツが56年ぶりにワールドシリーズ制覇

アメリカMLBのワールドシリーズは、サンフランシスコ・ジャイアンツがテキサス・レンジャーズを4勝1敗で破り、56年ぶりにワールドシリーズを制覇した。敗れたレンジャーズ唯一の白星は、元広島カープのルイス投手の好投で記録したもの。レンジャーズは、かつ…

プロ野球二部リーグの激しい首位攻防戦と、冴えない下位球団の試合

サッカーのW杯はこれからがクライマックスだが、日本が敗退したため、スポーツニュースでプロ野球が取り上げられる時間が少しだけ長くなった。昨日のニュースで初めて知ったのだが、プロ野球二部リーグことセントラル・リーグでは、伝統の一戦の巨人対阪神戦…

タレント候補の「えらぼーと」回答。プロ野球出身者の右翼偏向が突出している

そうそう、これを楽しむのを忘れていた。毎日新聞の「えらぼーと」へのスポーツ・芸能界出身候補者の回答。一般に彼ら、特にスポーツ界出身者にはタカ派が多いと私は認識している。もっとも注目した谷亮子(民主)は多くの問いに答えていない。基本的にノン…

テレビ局はタレント候補だけによる政治討論番組を企画してはどうか

きまぐれな日々 「国民の生活が第一」の政党から浮世離れした谷亮子が出馬 を書き終えてふと思ったのだが、テレビ局はタレント候補だけによる政治討論番組を企画してはどうだろうか。視聴率とれるんじゃないか。と思ったけどやっぱりダメだな。タレント候補…

天真爛漫な天才アスリートには「国民の生活が第一」の政治はムリ

プロ野球がダメになったのは、大選手でなければ監督になれない風潮が出てきてからではないかと思う。私の少年時代には、阪急ブレーブス監督の西本幸雄(のち近鉄バファローズ監督)だとか上田利治(のち日本ハムファイターズ監督)ら、選手時代の実績に乏し…

バカ畑は長嶋茂雄を政治利用するな

アンチ巨人の私だが、巨人の中でももっとも嫌っていたプレーヤーが堀内恒夫と中畑清だった。よりにもよって、この2人が参議院選挙に立候補すると知って、不快でならない。中畑清といえば思い出すのが「ワン公」発言。巨人の監督に就任した王貞治は、監督就任…

「国会でも金」を目指す? 谷亮子

政治主導を主張する政党が、これでもか、これでもかと芸能・スポーツ関係者を担ぎ出す。それも、岡崎友紀、岡部まり、谷亮子と女性たちが目立つ。官僚支配と打破すると謳いながら、安易にタレント候補に頼る。民主党は野党時代にもタレント候補を擁立してい…

中畑清と谷亮子

堀内恒夫だとか中畑清だとか谷亮子だとか、はっきり言って「昔の名前で出ています」としか思えない。むかつくから、キーワード「バカ畑」でググってみたら、こんなのを見つけた。 http://earthblues.s26.xrea.com/wiki/index.php?%A4%CF%B9%D4%2F%A4%CF%2F%A…

高橋尚子は国民栄誉賞もらって正解だったな

民主党が谷亮子を参院選に擁立すると聞いて呆れてしまった。ちょうど、「最低でも県外」という鳩山由紀夫の言葉から、「最低でも金」という「田村亮子」時代の谷の言葉を思い出していたところだった。1992年のバルセロナ五輪と1996年のアトランタ五輪で、い…