kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

佐藤優

マルクスの首

ロンドンにある「マルクスの墓」が荒らされたというニュースを聞いて、ああ、あの本に載ってた写真に写ってたやつかなと思ったらやっぱりそうだった。 マルクス 資本論の哲学 (岩波新書) 作者: 熊野純彦 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/01/20 メデ…

山本一郎、SEALDs、辺見庸、佐藤優などに関する戯れ言

しつこく衆院北海道5区の補選にこだわるが、補選の結果が出た2日後(4/26)に、山本一郎がいち早く分析記事を書いていた。それは著者の知名度もあってか、人気記事になっていたようだ。私は昨夜(4/28)読んだ。 SEALDsは若者にウケず、野党共闘で投票率を下…

蓑田胸喜と在特会・ネトウヨ・安倍晋三

https://twitter.com/Dethtooldo/status/488268648541204480 この蓑田胸喜って人、在特会とかネトウヨとか産経を連想させるんだよね。 立花隆『天皇と東大』を読む - 現代版「蓑田胸喜」は誰だ - kojitakenの日記 (id:kojitaken) http://d.hatena.ne.jp/koji…

立花隆『天皇と東大』を読む - 現代版「蓑田胸喜」は誰だ

3月初めから三度の土日を含む16日間かけて、やっと下記の本を読み終えた。 天皇と東大〈1〉大日本帝国の誕生 (文春文庫)作者: 立花隆出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/12/04メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 24回この商品を含むブログ (10件) を見る…

佐藤優の「橋下へのゴマすり」は小沢一郎との共同戦線か?(笑)

橋下にすり寄る佐藤優に対する批判のシリーズ。 http://sgwse.dou-jin.com/Entry/409/ 前にも予想した通り佐藤優は橋下徹支持を「ショー ザ フラッグ」したようだ。 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1271 週刊文春2012.05.17号(現時点最新号) あなた…

竹中平蔵と共著を出した佐藤優「橋下徹礼賛」の見え透いた詭弁

先月、竹中平蔵との共著を出した佐藤優の「橋下礼賛」だが、『SAPIO』でもやらかしていた。 佐藤優氏 橋下徹氏の成功はニヒリズムを克服できるかどうか - ライブドアニュース 佐藤優氏 橋下徹氏の成功はニヒリズムを克服できるかどうか 大阪市長・橋下徹氏を…

佐藤優が「橋下徹総理誕生に期待する」と明言。佐藤の言い分をご紹介

佐藤優は「橋下徹総理」を支持するらしい - kojitakenの日記 へのコメント。 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20120509/1336521698#c1336567286 Yoshitada 2012/05/09 21:41 佐藤優は本来、社会的弱者への包摂含んだ「真正保守」の再興を主張する立場だそう…

佐藤優は「橋下徹総理」を支持するらしい

新聞に載っている『週刊文春』(5/17号)の広告を見ると、佐藤優が「橋下徹総理」を支持するらしい。さもありなん。他に、竹中平蔵、堺屋太一、宇野常寛、田原総一朗が支持、小林よしのり、香山リカ、西村賢太、小河勝、池田信夫(ノビー)、阿川尚之、保阪…

大阪でozw信者さんたちがデモをやるらしいが...

昨夜、某有名ブログを見ていたら、コメント欄に、大阪でozw信者さんたちがデモをやるとの告知が出ていた*1。 すいません、ちょっと間借りします。 小沢復権のために http://www.kyudan.com/cgi-bin/koe/read.cgi?no=14 市民が訴える「大阪宣言」 主催者の御…

佐藤優・魚住昭の共著に植草一秀の名前を見て驚いた

東京に移住してから、新刊の本などへのアクセスは便利になったはずなのだが、逆に書店から足が遠のくようになってしまっている。今日書店で見かけたのは、佐藤優と魚住昭がマガジンハウスから出版した三部作。この二人の共著は、以前は朝日新聞出版から出て…

トンデモのいもづる

『きまぐれな日々』の古いエントリにトラックバックをいただいたので驚いた。 http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-235.html#trackback7767 アクセスしてみると、元谷外志雄の近著に言及したブログ記事だった。 Gazing at the Celestial Blue 2010年6…

アパグループ「元谷外志雄」の陰謀論をあの「佐藤優」が大絶賛

今話題のアパの懸賞論文のページより。 【公式】アパグループ|APA GROUPここで紹介されているアパグループ会長・元谷外志雄の著作は、『報道されない近現代史 戦後歴史は核を廻る鬩(せめ)ぎ合い』と題するものだ。宣伝文句には、「陰謀渦巻く世界の真の姿…