kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

百田尚樹

百田尚樹のおかげで馳星周選の山岳ミステリ・アンソロジー『闇冥』に出会えた

読書ブログに下記記事を公開した。 kj-books-and-music.hatenablog.com

「百田尚樹 ライブ中止の沢田研二を批判もファンの猛抗議に謝罪」(女性自身)

私など沢田研二というと、昔、新幹線に同乗した客に「イモジュリー」と言われて切れて客を殴った暴行事件を引き起こしたこととか、内藤やす子や研ナオコがマリフアナ吸引で逮捕された頃に沢田もやっているのではないかと噂が立ったこととか、「サムライ」と…

輝け、百田尚樹! 引退、はよーしねー(早くしなさい)

百田尚樹が安倍晋三にまで見放されたという話がリテラに出ている。 百田尚樹が『海賊と呼ばれた男』映画宣伝から外された本当の理由 ついに安倍首相にも見放され…|LITERA/リテラ この記事に、百田のTwitterが引用されている。 https://twitter.com/hyakuta…

嘘 8 hyakuta(笑)

今や「大阪の癌」にとどまらぬ「日本の癌」、いや「世界の癌」となり果てた人間のクズ・百田尚樹について。思わず「殉愛騒動どうなった」とばかりに、2年前の騒動を蒸し返したくなるのは私ばかりか。 「在日外国人」ではなかった模様 - Living, Loving, Thin…

千葉大集団強姦の犯人は「超エリート法曹一家」のドラ息子だった/Twitter社は「犯人は在日外国人ではないか」とデマを撒き散らしていた百田尚樹のアカウントを即刻停止せよ

下記の件、TBSの『NEWS23』が持って回った言い方で千葉県警を批判していたのを見たが、そういうことか。下記は私の大嫌いな日刊ゲンダイの記事だが、例外的に引用する。 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/195010 超エリート法曹一家の息子…

武藤貴也や大西英男や百田尚樹は「安倍ソンタクズ」だ

今回の猛暑のピークは原爆記念日である今日、8月6日らしい。いい加減にうんざりだが、安倍晋三が自らの談話を閣議決定するとかいう、暑苦しさをいやが上にも増す嫌なニュースが流れてきた。 http://www.asahi.com/articles/ASH8576F4H85UTFK015.html 戦後7…

「ハリウッドで活躍する俳優」と「百田尚樹」の落差に笑ってしまった

朝日新聞の文化・文芸欄に好記事を書いた守真弓記者のTwitterより。2004年入社というから12年目で、若手から中堅にさしかかる頃の記者のようだ。 https://twitter.com/mori_m4/status/618075776047386624 守真弓 ‏@mori_m4 《文化芸術懇話会》関係者によると…

「巨悪」辛坊治郎が百田尚樹を擁護し毎日新聞を激しく非難

先々週、不快感を我慢して辛坊治郎が土曜日の朝にやっている読売テレビ制作の糞番組を監視していたが、辛坊は安保法案に関する話を、番組のエンディングの時にさらりと話しただけでお茶を濁しやがった。御用キャスター・辛坊の面の皮の厚さの極致をそこに見…

百田尚樹の暴言骨子(沖縄タイムス)

これはわかりやすい。沖縄タイムスが百田尚樹の暴言の骨子を箇条書きにして示してくれている。 http://www.okinawatimes.co.jp/photo_detail/?id=121669&pid=738229 以下転記する。なお下記の転記中、百田の敬称は外すべきであると考えて削除したことをおこ…

『百田尚樹『殉愛』の真実』(宝島社)を読む(remind)

今回の言論弾圧騒動をきっかけに、百田尚樹なる極悪人に関心を持つようになった方もおられるかもしれないので、百田が引き起こした「『殉愛』騒動」の追及を通じて百田の正体を暴いた本について書いた過去の記事へのリンクを再掲しておく。 『百田尚樹『殉愛…

大西英男・井上貴博・長尾敬・百田尚樹・松井一郎の暴言の詳細(朝日)

数年ぶりに土曜日朝の8時から日本テレビ(制作は日本最悪の極右放送局である大阪の読売テレビ)の『ウェークアップ!ぷらす』、すなわちあの百田尚樹の仲間(だったっけ)にして自己責任で遭難しやがったくせに未だにのうのうと生き延びている極悪野郎・辛坊…

自民党「暴言三兄弟」の名前は大西英男、井上貴博、長尾敬

怒り晋三に発して - Living, Loving, Thinking, Again より 百田尚樹ってまだ生きていたのか。伝記捏造を巡るバッシングもとどめを刺していなかったのね。まあ追いかけ回して何度手をびしゃっと打っても殺すことができない蚊というのはよくいるのだ。 でもま…

自民党安倍一派の妄動&殉愛騒動はどうした@百田尚樹の大暴言を報じるマスメディア報道

お行儀良くなくっちゃいやと言い続ける駄々っ子への批判は後回しにして、「きまぐれな日々」の鍵コメ情報の追加分を挙げておく。なお、下記のうち沖縄タイムスの記事は、この日記のコメント欄でもご紹介いただいたものと同じです。 http://www.bloomberg.co.…

自民党・安倍晋三一派と百田尚樹が「表現の自由」に宣戦布告してきた

自民党の安倍晋三とその一派は、あの「大阪の恥」百田尚樹を巻き込んで、暴虐の限りを尽くそうとしているようだ。彼らは、もはや日本国憲法第21条で保障されている「表現の自由」に挑戦し、宣戦布告してきたとしか言いようのない狂態を演じている。安倍一派…

ロシアの野党政治家暗殺事件で勝ち誇るTwitterを発した百田尚樹(呆)

ロシアで凶悪なテロ事件が起きた。 http://mainichi.jp/select/news/20150228k0000e030160000c.html ロシア:反プーチン派の元第1副首相が射殺される ◇ネムツォフ氏、モスクワで車から背中を4回撃たれる 【モスクワ田中洋之】ロシアのプーチン政権を批判す…

「永遠の0」計8部門で最優秀賞 日本アカデミー賞(朝日)

「日本アカデミー賞」とやらに、映画「永遠の0」が8部門で最優秀賞を受賞したという。 http://www.asahi.com/articles/ASH2W4TZXH2WULZU008.html 「永遠の0」計8部門で最優秀賞 日本アカデミー賞 第38回日本アカデミー賞の授賞式が27日、東京都内で開…

『百田尚樹『殉愛』の真実』(宝島社)を読む(続)

連載は第4回で打ち止めのつもりだったが、続編を書くことにした。宝島社の『百田尚樹『殉愛』の真実』に活写された家鋪さくらの「生きざま」を読みながら、自民党の政治家や御用エコノミストたちがよく言う「頑張った人が報われる」社会とは、家鋪さくらのよ…

辛坊治郎という「巨悪」

『百田尚樹『殉愛』の真実』(宝島社)を読む(4) - kojitakenの日記(2015年2月25日)のコメント欄より http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20150225/1424822924#c1424899214 id:kemou 2015/02/26 06:20 たしかにたかじんが右翼番組の司会者として目立ち始…

『百田尚樹『殉愛』の真実』(宝島社)を読む(4)

『百田尚樹『殉愛』の真実』(宝島社)を読む(3) - kojitakenの日記 の続き。今回が最終回。 やしきたかじんといえば、近年では「極右番組(読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」)の司会者」ということで嫌っていたが、それ以前は70年代後半か…

『百田尚樹『殉愛』の真実』(宝島社)を読む(3)

『百田尚樹『殉愛』の真実』(宝島社)を読む(2) - kojitakenの日記 の続き。下記の本を読むと、結局「百田尚樹の『殉愛』騒動」とは、一言で言えば、死期間近いカリスマ有名人の遺産目当てで結婚した女に百田尚樹が騙された話であることがわかる。だから…

百田尚樹、「週刊誌記事に圧力をかけて潰した」と自ら認める

「きまぐれな日々」に下記記事を公開した。 きまぐれな日々 国民に戦争を仕掛ける安倍晋三を倒せ/百田尚樹は没落へ 記事中に、ほんの少しだけだが下記書籍からの引用がある。 百田尚樹『殉愛』の真実作者: 角岡伸彦,西岡研介,家鋪渡,宝島「殉愛騒動」取材班…

『百田尚樹『殉愛』の真実』(宝島社)を読む(2)

『百田尚樹『殉愛』の真実』(宝島社)を読む(1) - kojitakenの日記 の続き。 角岡伸彦、西岡研介、家鋪渡、宝島「殉愛騒動」取材班著『百田尚樹『殉愛』の真実』を読み終えた。読むのに要した時間は延べ4時間くらいかな。 百田尚樹『殉愛』の真実作者: …

『百田尚樹『殉愛』の真実』(宝島社)を読む(1)

昨日、本屋で偶然見かけてこの本の存在を知った。直ちに衝動買いしたことはいうまでもない。 百田尚樹『殉愛』の真実作者: 角岡伸彦,西岡研介,家鋪渡,宝島「殉愛騒動」取材班出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2015/02/23メディア: 単行本この商品を含むブログ…

万歳! 百田尚樹がNHK経営委員退任へ\(^○^)/\(^○^)/\(^○^)/

嫌なニュースばかりの今日この頃にあって珍しく、胸がすくような朗報があった。 http://mainichi.jp/select/news/20150131k0000m040149000c.html NHK経営委員:百田氏が退任へ 作家の百田(ひゃくた)尚樹氏(58)が、来月末の任期満了をもってNHKの…

百田尚樹『殉愛』の呆れ返る中身

こりゃやっぱり、百田尚樹の『殉愛』を「読まずに批判すべき本」と断定したのは正しかったと、自らの判断にますます自信を深めざるを得ない。 『殉愛』訴訟で「委員会」が特集中止!大阪のテレビ局関係者に責任波及|LITERA/リテラ 『殉愛』訴訟で「委員会…

百田尚樹『殉愛』と『ショスタコーヴィチの証言』は対極に位置する本では?

昨日(11/22)書いた 「やしきたかじんさんの長女、出版差し止め求め提訴 晩年を百田尚樹が描いた『殉愛』」(産経) - kojitakenの日記 にいただいたコメントにぶっ飛んだ。 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20141122/1416616653#c1416670264 deborarabode…

「やしきたかじんさんの長女、出版差し止め求め提訴 晩年を百田尚樹が描いた『殉愛』」(産経)

大阪は実は私の出身地なのだが、育ちは兵庫県である。大阪は近かったのでよく行ったが、ちょっとしか距離が離れていないのに「異界」という印象だった。子ども時代に印象深かったのは、大阪独自の夕刊紙が何紙も発行されていたことだ。前世紀末のNHKテレビ小…

籾井勝人・百田尚樹・長谷川三千子は一刻も早く辞職せよ

朝日(2/26)1面左下掲載の記事。http://www.asahi.com/articles/ASG2T3C9DG2TUCVL003.html NHK理事10人全員「辞表出した」 国会で次々答弁 NHKの籾井勝人会長が就任後、10人の理事全員に日付欄を空白にした辞表を提出させていたことが25日、わ…

百田尚樹は安倍晋三の大叔父・佐藤栄作が東京大空襲の下手人・カーティス・ルメイに勲章を贈ったことを知らないのか

これはひどい。https://twitter.com/hyakutanaoki/status/434549588364513280 百田尚樹 @hyakutanaokiアメリカ大使が百田尚樹の街頭演説を理由に、NHKの取材に難色を示したという。もしこれが本当なら、アメリカは「東京大空襲と原爆投下は大虐殺」という言…