kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

菅直人

ここまで堕ちたか菅政権! ついに「人頭税」を検討へ

朝日新聞1面に掲載されたこの記事には目を疑った。 http://www.asahi.com/politics/update/0121/TKY201101210550.html B型肝炎救済へ所得増税案 数年に限定、3兆円規模2011年1月22日3時6分 菅政権は21日、B型肝炎集団訴訟で札幌地裁の和解案を受け入れ…

菅直人、与謝野馨の入閣を検討。国を滅ぼすつもりか

首相失格男・菅直人が性懲りもなく与謝野馨の入閣を検討していると、朝日新聞が一面で報じている。 http://www.asahi.com/politics/update/0113/TKY201101120595.html 官房長官、枝野氏で調整 与謝野氏入閣も検討2011年1月13日4時0分 菅直人首相は、14日に…

白川勝彦氏も小沢一郎と「小沢信者」に違和感を表明

昨年1月のブログアクセス記録を見ると、妙にアクセス数が多かったのだが、思い出してみると石川知裕代議士逮捕に始まる「小沢政局」だった。それから1年、また「小沢政局」になっている。昨年1月、私は石川知裕及び小沢一郎寄りの論陣を張っていた。当時、「…

菅内閣はまるで「朝日新聞政権」だな

朝日新聞は首相・菅直人の年頭会見にいたくご満悦だったようだ。 http://www.asahi.com/paper/editorial20110105.html#Edit1 以下、上記リンク先の1月5日付朝日新聞社説の冒頭部分を引用する。 首相年頭会見―本気ならば応援しよう まずは「その意気や良し」…

平沼赳夫支持の国士さまたちも「民た連立」に怒りの声をあげよ! 潰せ野合!!

首相・菅直人がたちあがれ日本に対して行った連立の打診は、いうまでもなく自民党との「民自た」大連立をにらんだものである。1999年に小渕恵三と小沢一郎が行った「自自連立」が「自自公連立」への露払いであったのと同じ構図であり、要するにナベツネの手…

「たちあがれ日本」と連立工作を行った菅直人ヲワタ。直ちに内閣総辞職せよ

これはもう論外だ。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101224-00000111-jij-pol 首相、連立参加を打診=たちあがれ日本に―政権基盤強化狙う時事通信 12月24日(金)19時21分配信 菅直人首相がたちあがれ日本に対し、連立政権への参加を非公式に打診してい…

山口二郎よ、お前が言うな

時々お散歩日記|第29回|マガジン9 経由で知った、東京新聞(中日新聞も?)掲載の山口二郎の文章。 (略)最近本欄では菅直人首相の批判を繰り返すばかりで、私も残念である。しかし、志操を捨て去ろうとする政治家は批判し続けなければならない。武器輸…

小沢一郎の国会招致が政局になること自体に腹が立つ

小沢一郎の政倫審出席をめぐる政局については、これまでほとんど何も書いてこなかったと思う。そんなことはどうでも良いというか、興味はないからだ。私は、自民党を政権から下ろす政権交代には期待していたものの、民主党の支持者ではないから、民主党の小…

菅直人首相の所信表明演説から「最小不幸社会」が消えたことを懸念する、朝日新聞・福田宏樹記者の好記事

最近感心しない記事ばかりが目立つ朝日新聞だが、今朝(2日)の同紙4面に掲載された福田宏樹記者による菅直人首相の所信表明演説に対する論評は、良い記事だった。福田記者は、菅首相の金看板「最小不幸社会」が所信表明演説から消えた、と指摘する。この言…

菅直人首相と同じく、「疾病」を「しつびょう」と読んだ読売新聞・橋本五郎特別編集委員(笑)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100923-OYT1T00731.htm 麻生さん彷彿、菅首相「疾病」を「しつびょう」 菅首相が22日夕(日本時間23日午前)に国連ミレニアム開発目標サミットで行った日本語での演説で、「疾病(しっぺい)」を「しつびょう」…

小沢一郎と菅直人が語るオーラルヒストリー

小沢一郎が2005年、菅直人が2007年に、それぞれ朝日新聞社(のち朝日新聞出版)が出していた月刊論壇誌『論座』(2008年に休刊)の企画で、五百旗頭真、伊藤元重、薬師寺克行の3人からインタビューを受けた。これらが朝日新聞出版から「90年代の証言」シリー…

民主党極右議員の間では小沢一郎の人気が高いようだ

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100902/stt1009020131000-n1.htm に、1日の菅直人首相、小沢一郎前幹事長の両陣営の総決起集会に出席した民主党国会議員のリストが出ている。これと、"THE FACTS"組の2009衆院選挙結果 - Stiffmuscleの日記 に…

どうやら菅直人が優勢らしい

私がとっている朝日新聞には出ていないのだが、毎日新聞と読売新聞が民主党代表選の情勢調査記事を掲載している。中でも、毎日新聞の記事に掲載された、国政選挙の世論調査を思わせるグラフにはぶっ飛んだ。 http://mainichi.jp/select/today/news/20100904k…

菅直人は「ドラえもんのいないのび太」(笑)

笑ってしまった。 http://www3.rocketbbs.com/731/bbs.cgi?id=liberal7&mode=res&no=13169 雑談*ドラえもん的に (No.13167 への返信) - びるぬーぶ のび太(菅) ジャイアン(小沢) スネ夫(鳩山) 1980年に、タイのプレム首相が、当時タイでも流行し始めた…

取り巻きの顔ぶれを見る限り、菅も小沢もダメだ

当面の恐慌回避と「小沢神話」の崩壊を望む立場から、代表選では小沢一郎を応援する私だが(とはっきり言ってしまおう)、菅と小沢の取り巻きはどっちもひどい。http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100806-849918/news/20100901-OYT1T00966.htm 菅直人の側…

「核抑止論肯定発言」を岸井成格に「左」から批判された菅直人の赤っ恥

菅直人が原爆忌の日に口にした「核抑止論肯定発言」は、あまりの論外さに呆れて何も書く気がしないほどだったが、『サンデーモーニング』の末尾で、なんと毎日新聞主筆様の岸井成格に「左」から批判された。岸井は、菅首相はあんなことを絶対言ってはいけな…

菅直人はブレーキとアクセルを同時に踏んでいる

枝野は金持ち増税論者。小沢の方が新自由主義?+小沢との面会+菅夫人が本出版 : 日本がアブナイ! より。 最近、このブログを頻繁に引用するのは、小沢一郎マンセーのブログ全盛の中にあって、果敢に菅直人を擁護する論陣を張っているからである。 まず、…

「『判菅びいき』宣言」をした『日本がアブナイ!』にエールを送るとともに、易きに流れる池田香代子さんを批判する

「判菅びいき」宣言・・・改めて、国民のために、安定した菅民主党の政権運営を願う : 日本がアブナイ! より。私がたびたびこのブログを引用するのは、目配りが良くて面白い情報を提供してくれるからということもあるが、社民連支持から出発しているところ…

菅直人はなぜ新自由主義に傾斜するのか

最近は週刊誌はたまに立ち読みする程度になった。四国に住んでいた頃、東京の1日遅れ、場合によっては2日遅れで発売される週刊誌に載る安倍晋三(官房長官時代)の批判記事をしばしばブログで紹介するために、新聞に載る週刊誌の見出しをチェックしては週刊…

「ムダの削減」は言うが「金持ち増税」を口にしない菅直人の支持率急落は当然

菅直人内閣の支持率が急落したらしいが、当然だ。自民党が消費税増税を公約したのに安心して、「抱きつき」式に消費税増税を口にしたのだろうが、思い出してみれば「抱きつき」は福田康夫元首相の得意技だった。ただ、ベクトルの向きは正反対である。福田元…

『AERA』が見出しでミスリード「経済オンチ菅首相が学んだ『小野理論』と消費税増税」

http://www.asahi.com/politics/update/0615/TKY201006150522.html 税制改革の落としどころは、どうせ直接税と間接税の同時引き上げになるのだろうと予想していたが、その通りの展開になりつつあるようだ。 「増税の時期や引き上げ幅は明示していない」とい…

確かにネットでは菅直人は不人気で、小沢一郎の人気が異様に高い

小沢の「よみがえり」&進む党内融和+「菅叩き」への疑問 : 日本がアブナイ! より。社民連時代からの菅直人支持者であるブログ主は、最近の小沢一郎支持者(当ブログの用語では「小沢信者」)による菅直人叩きをぼやいている。 話がそれるけど。先日、知人…

1998年の「第三の道」と2010年の「第三の道」は微妙に違うのだ

かつてあるイギリス人と話す機会が多かったが、彼はイギリスの社会保障を自慢し、日本はアメリカと同じで政府が何もしない国だと言っていた。サッチャーを嫌い、アメリカを馬鹿にしていた彼だが、サッチャーの新自由主義政策によってかなり破壊されたとはい…

「30年遅れ」から「10年遅れ」へ

新内閣発足の翌日だから、本来なら『きまぐれな日々』に力み返った記事を書くはずの日だが、暇があまりないので、菅直人内閣発足の論評としてもっともしっくりきた下記ブログ記事を紹介する。枝野幹事長「今日から企業献金受け取らぬ」 : 広島瀬戸内新聞ニュ…

菅直人首相が54番札所・延命寺にお参りするのはいつの日か

菅直人内閣が発足したが、暇がないので明日は『きまぐれな日々』も更新しない。菅直人新首相の決意表明で一番ウケたのは、四国遍路に言及したくだりだった。手前味噌だが、当ブログのエントリ「菅直人と四国遍路」は、「Yahoo! みんなの政治」にも取り上げら…

久々に城内実のブログを見て爆笑した

コメディアン・城内実は健在だった。 ◎ 政 治 ◎ 菅直人総理誕生 « 城内 実(きうちみのる) オフィシャルサイト タイトルを見るなり爆笑した。字が間違っている。本文を読む前に読者を爆笑させる素晴らしいパフォーマンス。以前にも似たようなことがあったけ…

「菅直人は消費税増税と言わず税制全体の見直しと言う」と岸井成格

サンデーモーニングの菅直人報道の続きだが、例によって消費税の話が出た。これについて、岸井成格は「菅さんは消費税増税と言わず税制全体の見直しと言う」と言っていた。当たり前である。岸井成格だってちゃんと知っているのだ。そして、知っていながら消…

菅直人と四国遍路

菅直人首相というと、年金未納が発覚して民主党代表を辞任した年に、四国遍路に出たことは有名だ。今朝のサンデーモーニングで、大宅映子がこの件に触れて、「お遍路をやるんだったら黙ってやればよいのに、記者に写真を撮らせるなどのパフォーマンスがいや…

「小沢一郎中心史観」に引きずられない菅直人政権の評価が必要

菅新首相の誕生に当たって発せられている言論には、マスコミはもちろん、ネットでもあまり共感できないものが多い。あまりに小沢一郎に引きずられた論調ばかりが目立つ。マスコミは小沢一郎を鬼畜のごとく言うが、逆に一部ネット言論では小沢一郎に異様に入…

「旧民社の害毒」vs.「松下政経塾の害毒」

鳩山由紀夫による福島瑞穂大臣罷免、民主党代表選、菅直人新首相誕生と進んだ政変で、民主党の支持率は回復したらしいが、私の憂鬱度は増した。鳩山由紀夫による福島瑞穂罷免は何度も書いたが、明らかに小沢一郎が主導した「ハト撃墜劇」で、ようやく小沢一…