kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

山本太郎

元号を政治団体名に冠した山本太郎を「日本共産党(左派)」系の『長周新聞』が応援する怪

最近某所で知ったが、元号を政治団体名に冠した山本太郎を「日本共産党(左派)」の機関紙『長周新聞』が応援しているらしい。「山本太郎 長周新聞」を検索語にしてネット検索をかけると、同紙による山本太郎応援記事が多数引っかかる。 知らない人が多いか…

山本太郎が自由党離党・新党結成を表明、既に政治団体「れいわ新選組」を立ち上げていた

山本太郎が自由党離党を表明した。 ameblo.jp 山本太郎は、自由党を離党、 新党を結成します。 ただし、離党は4月の後半。 国民民主党と自由党の合流の可否が出たのち その結果にかかわらず離党します。 これからどうするかについて、 いくつかの選択肢があ…

「リベラル・左派」界隈の「小沢一郎タブー」と山本太郎

下記「こたつぬこ」(木下ちがや)氏のツイートは、名指しこそしていないものの、明らかに玉木雄一郎以下の国民民主党、それに小沢一郎に対する批判だろう。つまり、小沢や玉木が橋下徹や日本維新の会に秋波を送っていることを批判している。 この10年の「反…

2014年12月から存在していた「山本太郎となかまたち」なる政治団体

「生活の党と山本太郎となかまたち」が「自由党」に改名した件は、ネットでは気持ち悪いくらい取り上げられない。これは、「小沢信者」たちが都合の悪いことを語りたがらないということ以上に、「小沢信者」の絶対数が減少しているせいだろう。この日記でも…

小沢一郎、10個目の政党「自由党」 生活が党名変更(朝日)

「生活の党と山本太郎となかまたち」が党名を「自由党」に変更した。 http://www.asahi.com/articles/ASJBD4WFRJBDUTFK00B.html 小沢一郎氏、10個目の政党「自由党」 生活が党名変更 関根慎一 2016年10月12日20時56分 生活の党の小沢一郎代表は12日、山…

生活・小沢一郎代表が「生活の党」から「自由党」に変更の意向(産経)

生活の党の党名変更の件、先に朝日の記事を紹介したが、その記事に下記のコメントを伴う「はてなブックマーク」をつけた。 はてなブックマーク - 生活の党「自由党」に変更検討 小沢氏意向、山本氏は?:朝日新聞デジタル [小沢一郎][これはひどい] おそらく…

山本太郎の北朝鮮核実験非難決議棄権を非難がましく報じる産経の「全体主義」に怒る

子どもの頃から嫌いで嫌いでたまらなかった物言いがある。それは、「みんながやっているのになぜお前はやらないのか」という言い方だ。既に中学生の時には、「何言ってんだこいつ」と思って、そんな言い方をした奴を内心軽蔑したのだった。この日記や「きま…

銭ゲバ専科・小沢一郎、山本太郎を仲間に引き入れてやっとこさ数合わせ(呆)

政党要件を失った生活の党はどうする/やはり派手に外れた鈴木哲夫の衆院選予想 - kojitakenの日記(2014年12月18日)にいただいたコメント。 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20141218/1418860154#c1419595294 id:edo04 2014/12/26 21:01 小沢は、山本太郎…

いかにもキナ臭い喜納昌吉−三宅洋平−山本太郎ライン

沖縄県知事選出馬予定の翁長雄志氏を叩く植草一秀に「小沢信者」内部から批判の声 - kojitakenの日記の続きだが、三宅洋平が喜納昌吉を応援するのではないかという憶測は、先週既になされていた。http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20140917(2014年9月17日)…

不満の残った朝日の森達也インタビュー「内なる天皇制」

特定秘密保護法案の衆議院通過を報じた昨日(11/27)の朝日新聞オピニオン面は、しかしながら法案に関してではなく「内なる天皇制」と題した森達也のインタビューだった。まず森の言葉を引用する。 「騒動後に社会とメディアにあふれた言葉は『政治利用』だ…

小泉純一郎や山本太郎の擁護論に人々がかまけているうちに、秘密保護法案が今週衆院を通過か

昨日(11/17)のTBS『サンデーモーニング』の最後に岸井成格が発した言葉を取り上げた短い記事、 ふざけるな小泉! 「原発は安全だと信じ込まされた」と今頃言い訳(呆) - kojitakenの日記 に思わぬ多くの反響があってびっくりしたが、最近、小泉純一郎の「…

産経でもスポニチでもなく共同通信?

一昨日」(14日)の話だが、日本国憲法の「国民主権(主権在民)」をないがしろにした山本太郎の愚行に対して、鴻池祥肇なるゴロツキ(ヤクザの孫にして「任侠」を信条に掲げる極右議員)が山本の「切腹」を教唆するという、山本の1億倍も1兆倍も悪質な発言…

小泉純一郎や山本太郎への支持は「脱原発」派の自殺行為

朝日新聞(11/14)の社説が小泉純一郎の「原発ゼロ」を取り上げていたのに呆れた。あんなのは山本太郎の「天皇お手紙事件」と同じで、勝手にやらしておいて相手にしなければ良いのだ。最初に小泉の「原発ゼロ」を毎日新聞で宣伝した山田孝男という記者が文藝…

「陛下の御宸襟を悩ませた」山本太郎は「二重橋に行っておわび申し上げている」のだそうな

山本太郎という人間は、よほど天皇(制)がお好きと見える。 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/11/06/kiji/K20131106006956470.html より。 (前略)ボクが陛下にお手紙をお渡ししたことによって、大きな騒ぎになってしまった。陛下の御宸襟(し…

山本太郎と星野仙一の時代錯誤のおかげで「とんだ3連休」になった

毎朝血圧を測っているのだが、今朝は血圧も高く、脈拍数も多かった。「お沙汰」「身分」「不経済」に辟易させられたあとは、甲子園の高校野球ばりの「腕も折れよと投げ続ける」エースと、そのエースを完投負けした翌日にリリーフで起用する鬼監督という、時…

内田樹とは「リベラル」を「戦前回帰」へと導く「ハーメルンの笛吹き」なのではないか

あっという間に前言撤回となってしまい、再び山本太郎の件に言及するが、「リベラル」の人々に対する影響力の強い人間が発した、決して看過できないTwitterを見つけてしまったので、これに言及する。https://twitter.com/levinassien/status/396159380636180…

山本太郎「身分を横に置かせて頂いて、一人の人間として現状を伝えたかった」(呆)

山本太郎に関して追記。http://www.asahi.com/articles/TKY201310310216.html より、 山本氏は「政治以前の問題だ。身分を横に置かせて頂いて、一人の人間として現状を伝えたかった。園遊会で手紙を渡すことが禁じられているとは聞いていない」と述べた。 お…

「無能な味方」山本太郎の軽挙妄動が大炎上劇に発展(アホか)

山本太郎の事件の第一報を知った時、それは昨日も書いたようにインターネットのニュースのヘッドラインの情報だけだったけれども、「天皇に手紙? この民主主義の時代に何やってんだ」と思った。その後、田中龍作を代表とする「小沢信者」どもが「山本太郎=…

山本太郎の上行く究極のトンデモ・下村博文(笑)が驚天動地の妄言を炸裂!「山本太郎は田中正造に匹敵する」だって(呆)

類は友を呼ぶ。トンデモはトンデモを呼ぶ。「トンデモのいもづる」に引っかかったのは、またしても下村博文(笑)だった。 http://sankei.jp.msn.com/life/news/131101/edc13110110070000-n1.htm 「議員辞職もの、政治利用そのものだ」下村文科相 「田中正造…

山本太郎の軽挙妄動を持ち上げる大馬鹿者・田中龍作に怒り心頭に発する

この話、第一報は昨日の昼下がりに知った。Yahoo!だったかGoogleだったか忘れたが、ニュースのヘッドラインで見出しだけ見て、また山本太郎が何やらつまらないことをやらかしたらしいなと思ったが、それ以上私の注意を引かなかった。だから、帰宅後食事を済…

小沢・菅・志位・山本太郎らが「脱原発」小泉純一郎にラブコール

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013102002000123.html 脱原発で結集期待 ゼロ発言 小泉元首相旗印 「原発ゼロ」を繰り返し訴える小泉純一郎元首相に、野党や自民党の脱原発勢力からラブコールが殺到している。自身は表舞台に再び立つこ…

山本太郎が提唱した参院選の「反TPP・脱原発統一名簿」構想は、「非拘束名簿式」による限り絶対に実現不可能だった

参院選前、社民党、生活の党、みどりの風、緑の党などが参院比例代表の「統一名簿」を作れという議論があった。昨年の衆院選でも「未来の党を中心に『脱原発』派は結集せよ」というかけ声が上がり、某「B級少女アイドル」がTwitterを連打していたことがあっ…

山本太郎は既に権力者である。そして権力者をチェックするのは市民の役割だ

参院選当選後の山本太郎で印象に残ったのは下記の発言である。 山本太郎「支援者に命狙われるのが一番怖い」 当選早々の物騒発言が波紋 : J-CASTニュース 山本太郎「支援者に命狙われるのが一番怖い」 当選早々の物騒発言が波紋 参院選で当選を果たした俳優…

山本太郎陣営、公選法抵触の恐れ メール送信めぐり(朝日)

昨日から山本太郎陣営が公職選挙法違反をやらかしているらしいという噂をネットで目にしていたが、詳細を知ろうとは思わなかった。いかにも山本太郎陣営ならやりそうなことだとは思ったけれど。それが、新聞に報じられている。下記は朝日新聞デジタルからの…

生活の党が勢いを失えど、山本太郎は勢いを増す。3位当選か(朝日新聞報道を題材に思うこと)

自民圧勝が確実な参院選だが、朝日新聞(7/19)に選挙区の情勢が掲載された。 朝日は自民党が勢いを維持しているとは書くものの、個々の選挙区の情勢を見ると、やや勢いを落としている感は確かにある。たとえば、1人区では沖縄選挙区はほぼ糸数慶子(社大)…