kojitakenの日記

古寺多見(kojitaken)の日記・はてなブログ版

ナベツネ

「言論封殺」したのはどう考えても読売だろ?

今度は「朝日叩き」を批判した池上彰の「処世術」 - kojitakenの日記(2014年9月19日)の補足。 https://twitter.com/BIGZAMmedia/status/512415428967424000 BigZamMedia @BIGZAMmedia 今日発売の文春に載っていた池上彰のコラムを読んだ。これは拡散すべき…

復刊された渡邉恒雄『派閥 - 保守党の解剖』(1958)を読む;(下)32歳のナベツネによる「小選挙区制」論

復刊された渡邉恒雄『派閥 - 保守党の解剖』(1958)を読む;(上)戦後保守政治とマルクス経済学者 - kojitakenの日記の続き。意に反して日をまたいでしまったのは、疲れが出てしまったからだ。この3連休は、2週間前に引いた夏風邪の後始末をすべく、休養に…

復刊された渡邉恒雄『派閥 - 保守党の解剖』(1958)を読む;(上)戦後保守政治とマルクス経済学者

衰えが著しいといわれる88歳のナベツネ(渡邉恒雄・読売新聞主筆)だが、1958年に書いた彼の旧著が復刊された。 派閥―保守党の解剖作者: 渡辺恒雄出版社/メーカー: 弘文堂発売日: 2014/06/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を…

ナベツネ最新状況「数十メートルの距離でも歩かせるのは難しい」(週刊ポスト)

プロ野球の交流戦で恐れていた事態が起きた。交流戦前、セントラル・リーグ(読売リーグ)で首位を走っていた広島が4勝12敗と失速し(現在6連敗中)、読売が同リーグの首位に立ったのだ。広島は、オリックス、ソフトバンクのパシフィック・リーグ1位2位に8戦…

プロ野球報道では「取材源」を非難するナベツネとそれに加担する長嶋茂雄

今朝はプロ野球の話。例の朝日vs読売で話題になっている契約金の話。この件で元読売ジャイアンツ監督の長嶋茂雄が何やらぎゃあぎゃあ喚いているらしい。 http://www.sanspo.com/baseball/news/20120321/gia12032105030002-n1.html 巨人契約金超過報道にミス…

ドラマ『運命の人』きょう最終回

今日(3月18日)最終回のTBSドラマ『運命の人』は、なんと「2時間スペシャル」らしい。結局このドラマを、第1回の冒頭数十分を除いてずっと見てしまった。平均視聴率11%ほどの不人気ドラマらしいが、40年前に時の権力(佐藤栄作政権及び検察)や『週刊新潮』…

フィクションと史実と - 澤地久枝『密約 - 外務省機密漏洩事件』を読む・第5回「我部政明教授と西山太吉元記者と澤地久枝さんと」

フィクションと史実と - 澤地久枝『密約 - 外務省機密漏洩事件』を読む・第4回「澤地久枝さんとナベツネに会った男の告白」 - kojitakenの日記 の続き。今回が最終回。 「西山事件」の二審裁判でも、弁護側の証人はそうそうたる顔ぶれだった。 密約―外務省機…

フィクションと史実と - 澤地久枝『密約 - 外務省機密漏洩事件』を読む・第4回「澤地久枝さんとナベツネに会った男の告白」

フィクションと史実と - 澤地久枝『密約 - 外務省機密漏洩事件』を読む・第3回「天声人語と市川房枝」 - kojitakenの日記 の続き。 小説及びテレビドラマの『運命の人』は、「『ひそかに情を通じた』西山太吉元毎日新聞記者の悪行を不問に付す、『(ミンスと…

フィクションと史実と - 澤地久枝『密約 - 外務省機密漏洩事件』を読む・第1回「リアルのナベツネはいかに動き、いかに書いたか」

TBS系のドラマ『運命の人』第7話の視聴率は13.2%で、一桁の9.9%に終わった第6話から盛り返したらしい。それでも相変わらず「視聴率低迷」とはいえそうだが、第7話の視聴率が前回より上がったらしいことは、当ダイアリーのアクセス数から想像がついた。先週は…

リアルのナベツネが「西山事件」で演じた役割(『サンデー毎日』2/19号のナベツネ「寄稿」より)

新聞のテレビ欄を見ると、今晩9時のTBSテレビ放送のドラマ『運命の人』第5話で、読日新聞記者・山辺一雄が主人公を訪ねるシーンがあるらしい。そこでリアルの渡邉恒雄(ナベツネ)が『サンデー毎日』2月19日号に寄せた寄稿文から一部紹介しておこう。「ゆす…

テレビドラマ『運命の人』巡り西山太吉氏に謝罪 岡田副総理

http://www.asahi.com/politics/update/0207/TKY201202070462.html 岡田副総理「西山氏に申し訳ない」 沖縄返還密約問題で 外相時代に日米間の密約の存在を認めた岡田克也副総理が7日の参院予算委員会で、1972年の沖縄返還密約を示唆する機密電文を入手…

本多勝一と小沢一郎と横路孝弘、それに「西山事件」裁判で見せたナベツネの意外な活躍など

孝弘、勝一、そして若干の訂正 - Living, Loving, Thinking, Again より。 ところで、古寺多見さんは、本多勝一が小沢一郎と「意気投合」したと書いている。それも知らなかった。 これっていつ頃のことだったか思い出せなかったのだが、ネット検索したらあっ…

くたばれ読売、くたばれナベツネ

朝日新聞「オピニオン」面(17面)の特集は、「くたばれジャイアンツ」と題して、広岡達朗、魚住昭、高田文夫の3氏へのインタビューが掲載されている。今年79歳の広岡は、誰もナベツネにものが言えない、「終身名誉監督」の長嶋茂雄もそうだと言うのだが、そ…

橋下徹とナベツネと小沢一郎と

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111125/waf11112514000012-n1.htm 「あーだこーだいったら解任!」橋下氏が仰天プラン 公務員は読売グループで研修せよ?! 2011.11.25 14:00 27日投開票の大阪市長選に立候補している大阪前府知事の橋下…

ナベツネ「江川は監督にはしない」

報ステで(元?)読売・清武英利の発言を聞いていて爆笑した。ナベツネは、「江川をヘッドコーチにしたら集客できる。ヘッドコーチにすれば、次は江川が監督だと江川もファンも期待するだろう。しかし、監督にはしないんだ」と言ったのだそうだ。清武ばかり…

組織内で独裁者・ナベツネを説得することなど不可能

ナベツネと清武英利の内紛の件だが、早くもテレビ朝日の『報道ステーション』などは日和り始めて、「清武氏はどうして社内でナベツネを説得しようとしなかったのか」とか「組織にとってワンマン経営者は必ずしも悪いことばかりではない」などと言い出すてい…

ナベツネの言い分ばかり一方的に垂れ流すスポーツ紙の腐敗堕落に目を覆う

プロ野球読売の「内紛」だが、スポーツ紙の報道がひど過ぎる。既に今までの経緯から明らかになったナベツネの「虚偽発言」を全く問題にせず、「江川招聘」を言い出したのは読売監督の原辰徳だと本人から無理矢理言質を取って、それを一面トップにしていた。…

清武英利がナベツネに再反論。ナベツネが「嘘つき」というのは当たり前だが

清武代表声明全文「意図的に虚偽の事実を述べたことは遺憾」― スポニチ Sponichi Annex 野球 清武代表声明全文「意図的に虚偽の事実を述べたことは遺憾」 渡辺恒雄・読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆の談話について 本日、渡辺会長の談話が発表され…

読売の茶番内紛劇でナベツネが「談話」を発表w

【巨人】渡辺球団会長の反論談話全文 - プロ野球ニュース : nikkansports.com より。 【巨人】渡辺球団会長の反論談話全文 巨人の渡辺恒雄球団会長は12日、清武英利GMに「コンプライアンス上問題がある」と批判されたことについて、反論の談話を発表した…

早くも「お家騒動」沈静か? だが「江川ヘッドコーチ」の可能性が消えたのは大きな収穫

バカバカしいプロ野球読売球団のお家騒動だが、昨日書いた記事 「江川事件」リターンズ。33年前は読売の横暴に怒り、今回はナベツネの耄碌を嗤うw - kojitakenの日記 でバカにした通り、第一報を知った時から私はこんな件は「茶番劇」にしかならないと思って…

「江川事件」リターンズ。33年前は読売の横暴に怒り、今回はナベツネの耄碌を嗤うw

「歴史は繰り返す」という言葉を思い出した。 http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/pro/news/20111111k0000e050086000c.html 巨人:清武代表が渡辺会長を告発「人事介入は人権侵害」 プロ野球・巨人の清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM)は1…

落合は日本ハムに行け。読売と阪神は2球団で「GTリーグ」でも作れ

またぞろナベツネが目障りに動いている。 横浜売却先「今月中決まる」渡辺会長明言 - プロ野球ニュース : nikkansports.com 横浜売却先「今月中決まる」渡辺会長明言 巨人の渡辺恒雄球団会長(85)は14日、都内で取材に応じ、横浜を保有するTBSホール…

敗戦処理で登板し、試合をぶち壊したヤクルトの「渡辺恒樹」

またヤクルトが負けて読売が勝ち、その差1.5ゲーム。読売阪神との三つどもえというと、1992年にやはり絶対有利な展開から大失速し、一時は阪神読売に抜かされて3位に落ちながら、そこからまず読売、次いで阪神が失速したことに助けられて再逆転優勝を遂げた…

がんばれ、新井貴浩を応援する阪神ファン、そしてくたばれナベツネ!!!

昨夜、「がんばれ新井貴浩」というタイトルで記事*1を書いたので、そういえば阪神ファンはどう思っているのだろうと思い、阪神の公式ページの掲示板を見に行った。http://hanshintigers.jp/voice/bbs/169709/1.html すると、「新井選手会長、がんばれ!」と…

自民党もナベツネもみんなウェーバーが大嫌い?

はてなブックマーク - ひげの佐藤かく語りき - kojitakenの日記 より。 flagburner Politics, Web 「佐藤センセにかかったら、オペラ「魔弾の射手」の主人公の猟師もマルクス主義者なんだろうなあ」←そのうち、野球のウェーバー制度も「マルクス主義者によっ…

「ナベツネ巨人」が敗退

まだ楽天と正式契約もしていない星野仙一が、ドラフト会議に出てくるなどと早くも目立ちたがり全開でむかつくが、その星野の後ろ盾・ナベツネ率いる巨人が敗退し、日本シリーズは千葉ロッテと中日の間で戦われることになった。「ロッテは3位じゃないか」と言…

「旧党なべつね」に入る抱負を聞かせてね、城内実くん(笑)

今朝の朝日新聞を見ると、中曽根・ナベツネに加えて石原慎太郎が新党結成の接着剤役を果たしたと書かれている。このあからさまな旧保守タカ派連中の野合は、「新党」の名に値せず、「旧党」というべきだろう。さて、われらが城内実くんのブログのコメント欄…

ナベツネと親しい与謝野馨の不審な動きに警戒が必要だ

与謝野馨が、明日発売される『文藝春秋』4月号に掲載した「論文」で、民主党政権だけではなく、自民党の谷垣執行部を激しく批判し、新党結成もほのめかしているとして話題を呼んでいる。 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100307k0000m010047000c.htm…

城内実とナベツネのツーショット!!!!!

◎ 政 治 ◎ 渡邉恒雄読売新聞社主筆(写真付) « 城内 実(きうちみのる) オフィシャルサイト城内実とナベツネのツーショットに絶句。喜八やヘンリー・オーツのコメントが聞きたい。後者からは特にマスしゃぶと城内実の関係について。

ケインズは「社会主義」なのか?

「きまぐれな日々」の最新エントリ「共産党と国民新党の経済政策の類似性と「城内実」の問題」*1に、対照的な2つのコメントをいただいた。1つは、sonicさんのコメント。 共産党と国民新党が近いのは両者ともネオケインズ主義の勉強会に熱心に参加しているか…